トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

別館 深夜快速 Vol.8

Webラジオ FMC には、毎日放送される「日刊 深夜快速」という番組があります。

この番組は、日替わりで曜日担当のスタッフが様々なテーマで語る番組です。
この番組のエンディングは「明日は何の日。誰の誕生日」というコーナーになります。
現在放送は行われていませんが、復活するその日を待ちながらそのコーナーだけ引き継いでみたいと思います。

明日は誰の誕生日?

明日、5月1日は誰の誕生日でしょう?

・1932年 - ブライダルファッションデザイナー、桂由美さん
・1948年 - 劇作家、つかこうへい さん
・1955年 - 俳優、嶋田久作さん
・1955年 - 元NHKアナウンサー、堀尾正明さん
・1968年 - 俳優、大鶴義丹さん

明日お誕生日の皆さん、おめでとうございます。


明日は何の日?

明日、5月1日は何の日でしょうか?

・1877年 - 佐野常民と大給恒が西南戦争負傷者の救護のために博愛社を創設しました。
 これが後の「日本赤十字社」となります。

・1886年 - シカゴの労働者が8時間労働制を求めてストやデモを行いました。  このことを記念し、1889年の第二インターナショナル創立大会でこの日を国際的な労働者の祭典・万国労働者団結の日と定めました。

・1948年 - 海上保安庁が発足しました。
 今回の地震でもいろいろな場面で活動されているようです。


以上、明日は誰の誕生日、明日は何の日のコーナーでした。

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 15

2016/4/29 放送分

FMC前線スタジオからキラウエア裕子さん、マウナケア詩音さん、榎田師匠の3人の放送です。

キラウエア裕子さんの挨拶で始まりました。
ノドがガラガラの榎田師匠。お疲れのようです。

本日は、お便り紹介。
熊本、大分の被災地への応援メッセージを紹介しています。 自分のメールも読まれたりして。

多くの義援金を受け取っている為、恩返しをしなくてはとの事。
もちろん、恩返しは FMC の新しいスタジオ立ち上げ、そしてレギュラー放送を復活すること。
期待しています。
そして、「翌日収録する QICを通常版に戻す!」との宣言。
待っていました!

「熊本地震」というのは、どうなのか?「熊本大震災」と呼ぶべきでは無いのか?とのお便り。
震災と言うほどではなく、大地震と呼ぶべきかな?と、思い始めているそうです。
過去に震度7が起きたのは日本では5回。
そのうちの2回が今回の熊本!
去年の震度1以上の地震が 約1800回。
熊本ではすでに 1000回を越える地震。
これだけ見ても「大地震」では無いのだろうか?
震度1、とか震度2が繰り返し、繰り返し、起きるのはボディーブローを受けているように地味に効いて来ます。
こういう事を、マスコミはどうして取材しないのだろうか?

今後、QIC は通常放送に戻します。
地震に対する応援メッセージは深夜快速へお願いします。

まだまだ、御自身のことも大変だと思いますが、QICの通常放送を行うとのことがどれほど大変な事か、想像に難くありません。
QICの復活放送を期待しています。
そして、FMCの復活を期待しています。

2016年4月29日 (金)

別館 深夜快速 Vol.7

Webラジオ FMC には、毎日放送される「日刊 深夜快速」という番組があります。

この番組は、日替わりで曜日担当のスタッフが様々なテーマで語る番組です。
この番組のエンディングは「明日は何の日。誰の誕生日」というコーナーになります。
現在放送は行われていませんが、復活するその日を待ちながらそのコーナーだけ引き継いでみたいと思います。

明日は誰の誕生日?

明日、4月30日は誰の誕生日でしょう?

・1962年 - 政治家、前原誠司さん
 5年前の地震は、この方達が政府を運営していましたね。
 今、どうお考えなんでしょう?
・1972年 - 女優、常盤貴子さん
・1974年 - お笑いタレント(サンドウィッチマン)、富澤たけし さん
 仙台で育ったこともあり、東日本大震災の支援にがんばっていますね。


明日は誰の誕生日?

続いて、明日4月30日は何の日でしょう?

・1900年 - 神戸の観艦式で初めて「軍艦マーチ」が演奏される。
 鳥山啓作詞の「軍艦」に曲を付けて軍歌とし、その後、准士官相当官の軍楽師だった瀬戸口藤吉が新たに作曲し、1900年(明治33年)に「軍艦行進曲」として誕生しました
 「軍歌」というよりは、「パチンコ屋」というイメージが強いのは昭和生まれだからでしょうか?(苦笑)

・1960年 - 世界初のトランジスタテレビがソニーから発売されました
 1960年4月30日、ソニーが8インチのポータブルテレビTV8-301(価格は6万9800円)を発表しました。
 ソニーの技術は世界的に注目されたが、テレビの普及率がまだ低く、庶民はまず据え置き型のテレビを手に入れようとしていたので、トランジスタテレビの売れ行きは今ひとつだったそうです。

・1975年 - サイゴン陥落。ベトナム戦争が終結しました。
 南ベトナムの首都サイゴンに南ベトナム解放民族戦線が突入、ズオン・バン・ミン大統領が無条件降伏を発表しています。

・1995年 - 日本産トキの最後の雄・ミドリが死去し、日本で生まれたトキが絶滅しました。
 学名は Nipponia nippon(ニッポニア・ニッポン)で、しばしば「日本を象徴する鳥」などと呼ばれていまが、日本の国鳥はキジです。
 新潟県佐渡島で人工飼育を行い現在までに 215羽のトキが放鳥されています。


以上、「今日は誰の誕生日・今日は何の日」のコーナーでした。

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 14

2016/4/28 放送分

FMC前線スタジオから、榎田師匠の一人語りです。

熊本地方は西高東低の冬型の気圧配置になり気温が下がっています。
益城、阿蘇などの被災地では明日の朝気温が下がるようです。
前線スタジオも冷たいすきま風が吹き抜けています。

熊本市では「みなし仮設住宅」の貸し出しが始まりました。
ただし、熊本の不動産の情報サイトを見たところ該当の住宅がまったくヒットしませんでした。
被災者もそうですが、仕事で熊本へやって来られる方もどうされるのでしょうか。

公営住宅の競争率も高くなっています。
熊本市の中央区で当初用意されていた住宅は十数戸だったようですが、応募は数百とのこと。
この先どうなるのか、生活にぬぐいようのない不安感があるようです。

震度1以上の地震が千回を超すという異常事態です。
「地震酔い」という状態が続き、何も揺れていなくても身体が揺れを感じてしまうのだそうです。
体長を壊さないように祈っています。

2016年4月28日 (木)

別館 深夜快速 Vol.6

Webラジオ FMC には、毎日放送される「日刊 深夜快速」という番組があります。

この番組は、日替わりで曜日担当のスタッフが様々なテーマで語る番組です。
この番組のエンディングは「明日は何の日。誰の誕生日」というコーナーになります。
現在放送は行われていませんが、復活するその日を待ちながらそのコーナーだけ引き継いでみたいと思います。

明日は誰の誕生日?

明日、4月29日は誰の誕生日でしょう?

・1930年 - 女優、岸田今日子さん
・1934年 - 俳優、宝田明さん
・1955年 - 女優、田中裕子さん

この他、明日お誕生日の皆さんおめでとうございます。


明日は何の日?

続いて、明日は何の日?のコーナーです。

・1949年 - 国際オリンピック委員会 (IOC) が日本とドイツの五輪復帰を承認。
 2020年の東京五輪のエンブレムが発表されましたが、聖火台の無いメインスタジアムをはじめまだまだ課題が山積みのようです。
・1973年 - ツクダ(現在のパルボックス)がボードゲーム「オセロ」を発売しました。
 製薬会社の社員が、入院中の患者に時間潰しのゲームを要望され、家庭の牛乳瓶の紙蓋を集めて考案したゲームが今に至るオセロの元だそうです。
・1978年 - 植村直己さんが単身犬ぞりで北極点に到達しました。
 植村さんは、偉大な冒険家だと思います。
 1984年にマッキンリーで消息不明になるまでの数々の冒険は、ホントにすごいものだと思います。

以上、明日は誰の誕生日・明日は何の日? のコーナーでした。

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 13

2016/4/27 放送分

FMC前線スタジオから、榎田師匠の一人語りです。

弱い地震が多数起きる一日でした。
熊本もいよいよ前に進まなきゃ、という事になりつつあります。
避難所の人も目に見えて少なくなってきました。

そろそろ、生活の再建を考えていかなくてはいけない時期になってきました。

FMCも(榎田家も)落ち着く場所を探さなければならず、熊本市の公立住宅の抽選に申し込んでいるけれど、40倍を越える倍率だそうです。

熊本市は政令指定都市と言うことで、熊本市民は熊本県の管理している公営住宅に入ることができません。
熊本市内にある県営の住宅だとしても熊本市民は入ることができません。
何の為に政令指定都市になったのでしょうか?
熊本市民に何のメリットがあったのでしょうか?
榎田師匠はそんな問いかけをしています。

その他にも、問題が山積みですが皆さんの努力、そして応援で少しずつ進んでいます。
しかしその先をどうすれば良いのか?
まだまだ、大変な日々が続いていきます。

この日は、ひとまず落ち着いた日が過ごせたようです。

頑張れ! 熊本! 頑張れ! FMC!

2016年4月27日 (水)

別館 深夜快速 Vol.5

Webラジオ FMC には、毎日放送される「日刊 深夜快速」という番組があります。

この番組は、日替わりで曜日担当のスタッフが様々なテーマで語る番組です。
この番組のエンディングは「明日は何の日。誰の誕生日」というコーナーになります。
現在放送は行われていませんが、復活するその日を待ちながらそのコーナーだけ引き継いでみたいと思います。

明日は誰の誕生日?

・1809年(文化6年3月14日) - 第11代薩摩藩主、島津斉彬さん
 ***さん、で良いのでしょうか?
・1934年 - ラーメン店「大勝軒」創業者、山岸一雄さん
・1968年 - 女優、生稲晃子さん

この他、明日お誕生日の皆さん、おめでとうございます。


明日は誰の誕生日?

・1947年 - トール・ヘイエルダールらがインカ文明がイースター島に伝播したとする仮説を証明するため、大型筏「コンティキ号」でペルーのカヤオ港を出港。
 「コンティキ号」の冒険、という本だったか番組だったかを見た気がします。
・1948年 - 日本で夏時刻法公布。1952年4月11日に廃止。
 夏時間が日本に合ったんですね!
・1952年 - サンフランシスコ平和条約が発効しました。
 これにより戦後、日本の主権が回復しました。
・2008年 - 日本で、全国初の緊急地震速報が発表される。
2007年10月1日よりほぼ日本全国を対象とした緊急地震速報が運用を開始して以来初めての緊急地震速報が伝えられた日です。
 この日未明に沖縄県宮古島近海で発生した地震に対する速報で、実際の最大震度は4だったそうです。

九州大地震では直下型の為、緊急避難速報よりも先に揺れが来て、その後速報が届く状況だそうです。
地震に対する、余地は速報の運用が難しいことが良く分かります。


以上、「明日は誰の誕生日・明日は何の日?」のコーナーでした。

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 12

2016/4/26 放送分

FMC第1スタジオではなく、第2スタジオではなく、前線スタジオからの放送です。
出演は、榎田師匠と久しぶりにFMCを訪れた エトナいずみ さんです。
You Tube Live も試験的に配信したそうです。

3月に退会して声を聞くことは無かったのですが、FMCの様子を見にスタジオを訪れた エトナいずみ さん。
御家族皆さん無事と言うことで元気な声を聞かせてくれました。
御自宅も無事とのことですが、やはり地震後は数日、車中泊だったそうです。

震災から今日までの様子、感じたこと等を語っています。
元気な声を聞くことができて良かったです。
これからも頑張ってもらいたいと思います。



FMC前線スタジオから、榎田師匠と立花幸恵さんが出演の放送です。

立花幸恵さんのご主人の実家が益城町とのこと。
震災後、家への立ち入りができない程の被害を受けたそうです。

震源地の町の様子、倒壊した家の様子などを語っています。
町の様子は「爆弾でも落ちたよう」とのこと。

すでに熊本ですら風化が始まっている。
被害の少なかった人は、通常の日常を過ごしているのも現実。
今回の体験を笑って話すことができるその日まで頑張るしかないです。

頑張れ! 熊本!
頑張れ! FMC!

2016年4月26日 (火)

別館 深夜快速 Vol.4

Webラジオ FMC には、毎日放送される「日刊 深夜快速」という番組があります。

この番組は、日替わりで曜日担当のスタッフが様々なテーマで語る番組です。
この番組のエンディングは「明日は何の日。誰の誕生日」というコーナーになります。
現在放送は行われていませんが、復活するその日を待ちながらそのコーナーだけ引き継いでみたいと思います。

明日は誰の誕生日?

明日、4月27日は誰の誕生日でしょう。

・1963年 - フリーアナウンサー、宮根誠司さん
 ミヤネ屋の宮根さんです。
 見たこと無いので、良く分かりませんが。
 あの、宮根さんです。

・1987年 - 女優、鈴木杏さん。

この他、明日お誕生日の皆さんおめでとうございます。


明日は何の日?

明日は、どんな日でしょう?

・1917年 - 京都 - 東京512kmで「東海道五十三次関東関西対抗駅伝競走」を開催されました。
 この時、初めて「駅伝」の名称が使われたそうです。
・1946年 - 東京警視庁で初めて採用された婦人警官62人が初勤務したそうです。
・1994年 - 南アフリカ共和国で初めてとなる全人種参加の総選挙が行われました。
 この選挙でネルソン・マンデラ氏が率いるアフリカ民族会議が第一党となり、マンデラ氏を次期大統領に選出しています。

以上、「明日は誰の誕生日? 明日は何の日?」 のコーナーでした。

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 11

2016/4/25 放送分

FMC前線スタジオからの放送です。
出演は、マウナケア詩音さん、花岡山花岡さん、榎田師匠の3人の語りです。

師匠が福岡へ疎開してきたお話です。
避難所で足を負傷してしまった師匠。
福岡で宿を見つけて高速バスへ飛び乗り、福岡へ行き久しぶりにベッドでゆっくり眠れたそうです。

バスは、熊本市内を出発すると益城インターへ。
このインターは緊急車両と高速バスしか通れないそうですが、その周りの被災地の光景はやはり異様な光景だそうです。
ところが、福岡の天神につくと一転して賑やかな光景に。
新幹線で30分程度しか離れていない熊本と福岡。
震災の影響は、大して無いようで、榎田師匠にとってはそれが不思議な光景に見えたそうです。

ずっと、張り続けていた気を緩める瞬間がそろそろ必要なのかもしれませんね。

2016年4月25日 (月)

別館 深夜快速 vol.3

Webラジオ FMC には、毎日放送される「日刊 深夜快速」という番組があります。

この番組は、日替わりで曜日担当のスタッフが様々なテーマで語る番組です。
この番組のエンディングは「明日は何の日。誰の誕生日」というコーナーになります。
現在放送は行われていませんが、復活するその日を待ちながらそのコーナーだけ引き継いでみたいと思います。

明日は誰の誕生日?

明日、4月26日は誰の誕生日でしょう。

・1949年 - 俳優、風間杜夫さん。
・1951年 - 漫才師(大木こだま・ひびき)、大木こだま さん。
・1969年 - お笑いタレント、加藤浩次さん。
・1971年 - お笑いタレント(ココリコ)、田中直樹さん。
・1972年 - お笑いタレント(品川庄司)、品川祐さん。
・1974年 - お笑い芸人(安田大サーカス)、団長さん。

師匠が番組で、「そろそろエンターテイメントが必要だ」と仰っていたのでお笑いでまとめてみました。
あ、風間杜夫さんは違いますね。


明日は何の日?

続いて、明日は何の日でしょうか。

・1880年 - 日本地震学会設立。
 被災地に学者の方々が多く来ているそうです。
 是非とも、今後の地震研究に役立てて、地震予知などに役立てて欲しいものです。

・1954年 - 黒澤明監督の映画『七人の侍』が公開。
 世界の映画に大きな影響を与えた作品ですね。
 ・・・実は,見ていないんです。

・1986年 - ソ連・ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で大規模事故。
 まさか日本でこれに匹敵するような原発事故が起きるとは夢にも思いませんでした。

・2006年 - 耐震強度偽装事件発覚。建築士、建設会社幹部、民間検査機関幹部など8人が逮捕される。
 これも大きな問題でした。
 今だに似たような問題が起こるのは、ちゃんと修正されていないと言うことなのでしょうか。

以上、「今日は誰の誕生日・今日は何の日?」でした。

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 10

2016/4/24 放送分

FMC前線スタジオより、榎田師匠の一人語りで熊本市内を回って見てきた、被災地の様子をレポートしています。

熊本市電の終点健軍から移動していきます。 
健軍商店街には倒壊したスーパーがあり、商店街のアーケードに寄りかかっている状態。
その周りには炊き出しを行っています。
そこから一件店舗を挟んでパチンコ屋さんがありますが、そこは営業しています。

倒壊したスーパーがあり、炊き出しが行われている一方でパチンコをする余裕のある人もいる。
そんな不思議な光景があるそうです。

そこからさらに東へ進むと、秋津という場所。その先が益城です。
益城へ近づくにつれて見えるのは熊本市内の被害状況とはまるで違う光景だそうです。
家がペシャンコ。
道路には地割れができ、隆起している。

益城へは足を進めることができなかったそうですが、満身創痍の熊本の様子を伝えてくれています。

そんな中にも、無傷の建物もあるそうです。
それをみると、無傷の人と、被災した人の間に軋轢が生まれないかと心配されています。

実際に歩いた被災地の状況でした。

2016年4月24日 (日)

別館 深夜快速 vol.2

Webラジオ FMC には、毎日放送される「日刊 深夜快速」という番組があります。

この番組は、日替わりで曜日担当のスタッフが様々なテーマで語る番組です。
この番組のエンディングは「明日は何の日。誰の誕生日」というコーナーになります。
現在放送は行われていませんが、復活するその日を待ちながらそのコーナーだけ引き継いでみたいと思います。

明日は誰の誕生日?

明日、4/25は誰の誕生日でしょう?
・1952年  歌手、山川豊さんの兄、鳥羽一郎さん。
・1970年  女優、鶴田真由さん。
 良いですね。鶴田真由さん。
・1972年  放送作家、鈴木おさむ さん。
 森三中、大島美幸さんの旦那さんですね。

あぁ、今思い出しました。うちの弟の誕生日だなぁ。爆。


明日は何の日?

さて、明日 4月25日は何の日でしょう。

・1859年 - スエズ運河が起工。
 地中海と紅海(スエズ湾)を結ぶ、海面と水平な人工運河であるスエズ運河が起工された日です。
 のべ150万人が工事に携わり数千人がこの工事で亡くなっているとのことです。
 起工から10年後の1869年11月17日に運河が開通しました。

・1963年 - 大阪駅前に日本初の鋼鉄製横断歩道橋が完成。
 大和ハウス工業が建設して大阪市に寄贈した大阪駅前の歩道橋が日本初とされています。
 同歩道橋が完成した1963年(昭和38年)4月25日に因んで4月25日が「歩道橋の日」とされています。

・1968年 - 東名高速道路の最初の開業区間・東京 - 厚木・富士 - 静岡・岡崎 - 小牧が開通。
「高速道路」という呼称を使用しているのは、現在、新東名・東名と新名神・名神のみです。
 これは東名・名神の計画・建設の進められる過程で広く民間において「高速道路」という通称が使用されという背景を考慮して採用されたものだそうです。

・2015年 - ネパール地震が起きています。
 記憶に新しいのですが、もう1年過ぎているのですね。
 ネパールの首都カトマンズの北西約80kmを震源地に、マグニチュード7.8を記録する大地震が起きました。
 カトマンズでは地割れが発生するなどして多くの建物が倒壊して甚大な被害をもたらし、ネパールを中心に隣国のインドや中国でも大きな被害と多数の死傷者が出ました。

あのネパールの地震から約1年。
熊本、大分を中心にした地震が日本で発生した訳です。
ネパールでは復興に5年と、宣言されていたのですが、5年以上かかりそうだとネパール政府が発表しています。

熊本、大分の地震の復興が速く進むように願っています。

QIC Vol.1009

2016/4/23 放送
QIC Vol.1009  A枠『 「前線スタジオから放送」 〜熊本は、FMCは、健在です! 』

FMC前線スタジオより、榎田師匠、キラウエア裕子さん、イペリット上田さんの3人で放送です。

久しぶり、2週間振りに QICのテーマ曲が流れてきた時には、ちょっと涙ぐんでしまいました。
まぁ、スッピン裕子さんトークで笑い涙に変わっちゃいましたがwww。

リスナーからのお便り紹介。
激甚災害の指定が遅すぎる!と、お怒りの師匠。
政府の対応について思いをぶちまけます。
メディアのインタビューがしつこい件に対して「見りゃわかるんだろ!」と、上田さん。≪拍手

・世界中でチャリティーが始まっているとのお便り。
・現地で支援、ボランティアを行っているとのお便り。
 やっとマンパワーが、手慣れた全国のボランティアの方が集まって来てもらっています。
・被災地の子供達を心配するお便り
・エクアドルの地震のお便り
 エクアドルでは被災者が暴動を起こさないように警察が見張っているそうです。
 治安も悪くなっているとのこと。
 同じ観光地が被災した地震。熊本は何ができるのか?
 All 熊本 で頑張ろう!


QIC Vol.1009  B枠「『「がんばろう熊本・大分!」 〜きっと笑い飛ばせる日が来る!』

・FMCスタジオの未来、夢を語ろう!
 10年前の狭いスタジオに戻ってしまうのか?
 師匠と、花岡氏の二人が場所を取ってしまうからなぁ。
 ほっかほっか亭・・・ゴメンナサイ、ホットモットの弁当が配布されていた。
 謎の弁当「チキン南蛮焼き肉弁当」
 FMCも炊き出しをやろう!
 そんな事をやると地震が来た時の避難が大変・・・炊き出しを行う場所が避難所だ!笑。
 宅配の人を泣かせてしまった(キラウエア裕子さん)。
 >大丈夫ですか?の声に感極まってしまったそうです。
 泣くことでガス抜きができてるんです。 泣いて良いんです。
・「I love you I need you 勝手に熊本版」に関する秘話
 本番中にお便りを読んで、感想を話して、みんな泣いています。
 全員で鼻すすっているし。
・新しい FMC スタジオはどうしようか?
 役人の論理では物事が進まない。
 極論だけど、熊本の役人をそう取っ替えして、自衛隊、警察に全て任せて軍隊の規律で
進めた方が物事が全てうまくいくだろう。
工事現場だって、余震を気にしないで作業をしているだろう!
・「子連れオオカミ」で癒やされています。
 「日本沈没」の上映会を開こうか。
・RKKのレコード室が被災してラジオから音楽が流れてこない。
 いっそ、右翼の街宣車が来てガンガン音楽流して、被災者を応援すれば良いのに。

腹の底から笑える日が皆さんのところへ来るはずです。

そして、久しぶりのエンディングテーマ曲。

ど根性廃墟が熊本の市内にあります。
頑張っています。

QICが涙ぐみながら戻ってきました!
後半は、涙ぐんだ声と、鼻をすすりながらの放送でした。

2016年4月23日 (土)

募金をする前に! 「寄付金」「義援金」「支援金」の違いって何でしょう?

熊本の地震の被災者に対しての募金活動が活発になっています。


その募金活動のお金について書かれた文字
「寄付金」「義援金」「支援金」の違いって何でしょう?

「寄付金」 

被災地で活動を行う団体、自治体へのお金です。
主に、公共道路や復旧支援事業のために使用されます
復旧活動に使われると思えば良いでしょう。

「義援金」

被災者に手渡されるお金です。
主に、日本赤十字社などが窓口として集約し、被災者へと渡されますが、配布すべき自治体が被災している場合がほとんどのため、配布されるまでに時間がかかることが多いようです。

「支援金」

被災地支援で活動している団体や NPO、NGO が受け取るお金です。
団体の活動に使われるので被災者に直接使われることはありません。


募金を集めている名目によって、これだけお金の渡る先が変わって来ます。
「支援金」に募金して、「何故、被災者に渡らない?」と憤る方もいらっしゃいます。
上記の、区分を良く考えて支援先を選ぶのが良いと思います。


参考: 『altena 〜寄付する前に! 「義援金」と「支援金」と「寄付金」の違い」

別館 深夜快速 vol.1

Webラジオ FMC には、毎日放送される「日刊 深夜快速」という番組があります。

この番組は、日替わりで曜日担当のスタッフが様々なテーマで語る番組です。
この番組のエンディングは「明日は何の日。誰の誕生日」というコーナーになります。
現在放送は行われていませんが、復活するその日を待ちながらそのコーナーだけ引き継いでみたいと思います。

明日は誰の誕生日?

明日、4月24日は、誰の誕生日でしょう。

・1955年  俳優、嶋田久作さん
・1955年  元NHKアナウンサー 堀尾正明さん
 このお二人は同い年なんですね。

・1968年  俳優、大鶴義丹さん
・1981年  サッカー選手、田中マルクス闘莉王さん

この他、明日誕生日の方々おめでとうございます。


明日は何の日?

明日、4月24日は何があった日でしょう。

・1771年に 八重山地震発生。
 津波により死者・行方不明者112,000人におよんだそうです。
 今から245年前に、こんな大地震が起きていたのですね。

・1990年 - アメリカでスペースシャトル「ディスカバリー」打上げ。
 軌道上でハッブル宇宙望遠鏡を放出。
 ハッブル宇宙望遠鏡は、地球の周回軌道にのせられた望遠鏡の中では、一番成功をおさめたものだろうと言われているそうです。
 様々な観測が行われていますが、銀河系を取巻くダークマターの存在を明らかにしたのもこのハッブル宇宙望遠鏡だそうです。
 ・・・映画「宇宙海賊 キャプテンハーロック」を思い出してしまいました。笑。

・1993年 - テーマパーク東武ワールドスクウェアが完成。
 行ったことはありません。爆。



以上、明日は誰の誕生日、何の日のコーナーでした。


・・・続くのか?この企画?

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 9

2016/4/22 放送分

FMC前線スタジオより、花岡山花岡さんと榎田師匠の2人語りです。

今日はいつになくこざっぱりした花岡さん。(ラジオですけどw)
海上保安庁の巡視船で提供されている入浴に行かれたそうです。
榎田師匠も花岡さんとは別に行かれたそうで、入浴後に冷たい麦茶をいただいたり、お味噌汁をいただいたりという事を語っています。
この日は余震が少なく気持ちがゆるくなった一日だったそうです。
たまには、こういう日もないと気が張りっぱなしでは身体が持ちませんからね。

とは言え、この先の不安もまだ消えないようです。



熊本市立大江小学校 校庭の外の路上から榎田師匠の一人語りです。
気分を変えたくて外へ出られた師匠。

避難所内での夜はすぐに眠れる人もいれば、眠れない人もいます。
他の人のいびきで眠らない人も。
それでも、22時を過ぎると消灯となるので、眠れない人は話もできない状態でいるとのこと。
ストレスが溜まってしまうのでしょう。
避難所から出たいという人も出ているそうです。

意図しない集団生活で積もっていくストレス。
早くなんらかの手を打たないと、ストレスで押しつぶされてしまいそうです。

気分転換で外へ出られたという師匠。
師匠もそうとうお疲れですね。
一日も早く安らかな日常が戻ってくるように祈っています。

2016年4月22日 (金)

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 8

2016/4/21 放送分

FMC前線スタジオから花岡山花岡さんと、榎田師匠の2人語りです。

地震発生から一週間が経ちました。
まだ風呂にも入れていない花岡山さん。
熊本港に停泊して被災者に提供している海上保安庁による巡視船のお風呂へ様子を見に行きたいとのこと。
(この後行かれたようですが)

「九州大地震だろ!」と、ここ何回か続けて “熊本地震” という名称に意義を唱えています。
これだけ余震が繰り返し続くとだんだん疲労や、イライラが溜まってきているようです。
子供達のメンタルのケアをしていかなければならないのでは?と、訴えています。

「罹災証明書」の発行に必要なので写真を撮りましょう。
ネットの情報を周りの人に伝える方法も考えましょう。



FMC前線スタジオから立花幸恵さんと榎田師匠の2人語りです。

この状況で行政の対応が形式張っていてナンセンスではないだろうか?と語る師匠。
熊本では仮設住宅の準備すら始まっていないそうです。

一週間の生活状況は?
と、聞かれて立花幸恵さんは「実感がない」とのこと。

続けて立花幸恵さんが避難所に住んでいる友人のお話をされています。
避難所生活でなかなか食事を取れずにいたご友人はお腹を空かせて道を歩いていた時に山崎パンのトラックを見つけたそうです。
「あ、パンだ!」と、トラックを見ていたらそのトラックが止まって、運転手が「お腹空いてるの?」と、一言。
運転手は彼女にパンを手渡したのだそうです。
とても嬉しかったとの事です。
やるなぁ、山崎パン。

「ホテルや旅館を被災者に使ってもらいます」と、安倍首相が話したそうですが、稼働しているホテルや旅館がほとんど無い中でどうするのか?
榎田師匠が、市内のホテル、旅館、そしてラブホまで調べたそうですが、ほとんど稼働しているところがなく、夢物語だそうです。
遠く離れた東京で、机上で物事を判断しているからなのでしょうね。
現地の状況をどれだけ把握しているのか。
ホント、どうにかしてもらいたいものですね。

最後に立花幸恵さんのお子さんの話。
小学校の再開が延期されたので、友達に会えないストレス、外で遊べないストレス、そして我慢しているストレスがいつか爆発することを心配しているそうです。
メンタルケアがやはり必要になってきているのでしょう。

まだまだ辛い日々が続いているようです。

2016年4月21日 (木)

まずは写真を撮りましょう

「罹災証明書」という証明書があります。
火災・風水害・地震などで被災した家屋や事業所などの被害の程度を証明する書類。
コトバンク
被害の程度を証明し、被災者生活再建支援金や災害復興住宅融資などの被災者支援制度の適用を受けたり、損害保険の請求などを行う際に必要となる書類です。
今回の地震の被災地でも自宅等が被害を受けた場合に発行されます。

家が被害に遭われた方は、家の片付けを始める前に家の写真を撮っておくと良いそうです。
被害の度合いを証明する物が無いとなかなか手続きに時間がかかったり、思ったような支援が受けられなかったりするようです。

そこで写真の撮り方。
被害を受けた場所を強調したくて、そこへ寄って拡大した写真を撮りそうですが、それではダメだと思います。

仕事で作業写真を撮ることもあるのですが、それが役に立ちそうなので書いてみたいと思います。
(こう取らなければ行けないという訳ではありません。 私の考えです)

1:カメラ
・カメラは何でも良いと思います。 デジカメでも、携帯に付いてるカメラでも、スマホでも。
後から画面で画像が確認できるものが良いです。
 今のカメラはほとんど大丈夫だと思います。

2:全体写真を撮りましょう
・被災した家の全体の写真を撮りましょう。 住宅街だとうまくいかないかもしれませんが、家の周りの状況も含めた写真が良いと思います。
 被災した家が小さくならない程度に。
 できれば、前後左右から撮りましょう。

3:壊れた箇所の写真
・壊れた箇所の写真ですが、まずはその周囲がわかるように広めに撮った写真と、近寄ってはっきりとわかる写真。
つまり、全体像と拡大写真を撮ることで良いと思います。

4:写真の提出
・印刷する必要はありません。
 デジカメや、スマホなどの画面で見せる事で良いそうです。


*各自治体で対応が違うと思いますので、正確なところは自治体にお問い合わせください。
*いずれにしろ後片付けをする前に写真を忘れずに!

今日のおつり募金は、ほんの気持ちだけ。

今日のおつり募金は、ファミリーマートでプレミアムチキンを買ったお釣りの 10円。coldsweats01

Boki_chikin
プレミアムチキン、好きなんだよねぇ。
仕事帰りについつい、買ってしまうんだよねぇ。
あの、軟骨が好きなんだよねぇ。

すみません。
被災地の方々はコンビニにも行けないのかもしれないのに。

と、いうわけで今日は気持ちだけ。 10円の募金でした。

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 7

2016/4/20 放送分

FMC前線スタジオから榎田師匠と、花岡山花岡さんの放送です。 今回はなんとゲストの方が来ています。
“あの”(笑) コラアゲンはいごうまん さんです。

笑いました。 たぶん久しぶりに笑いました。
笑うって気持ちが良いなぁって、くらいに笑いました。

そしてなによりも榎田師匠が大笑いしている!
もう、地震だとか、被災だとか、そんな事関係なく、心の底から笑ってる!

この笑い声が聞けたことでようやく FMC が前進し始めた気がしました。
コラアゲンはいごうまんさん ありがとう!
芸人さんって、すごいなぁ。
これだけ人を勇気づけられるなんてね。

自分も、知らず知らずに鬱っぽかったのかなぁ?
笑えた事に感謝です。

そして、師匠を笑わせてくれたことに、感謝です。



恒例の、一人語りです。
No.21 の笑いから一転、熊本の現状を踏まえた師匠の思いをぶちまけてます。

「熊本地震」
この言葉に自分も違和感を感じていました。
大分だって被災しているし、広範囲に気象庁ですら予測も付かない地震が続いているこの状態。
「熊本地震」という言い方に変な感じがしていたのです。

師匠がその事を追求していました。
約50人が亡くなっているこの地震と、約1万5千人もの方亡くなった東日本大震災。
人数だけで比較して良いのか?
今回の地震も大震災じゃないのか?
激甚災害に価するのじゃないのか?

大手マスコミが取材している場所が被災地じゃないんです。
大手マスコミが放送しない熊本。 避難所の様子。 被災者の気持ち。
全てを代弁して FMC は発信しているような気がします。

最後に師匠が発した提案。
この地震を「九州大震災」と呼ぼう!
ハッシュタグ #九州大震災 を使おう。

ホントに訴え続けなければ認められないのでしょうかね。
困った国です。日本は。

2016年4月20日 (水)

今日もチャリンとおつり募金。

本日の「おつり募金」

お昼のお弁当を買ったおつりをセブンイレブンでチャリン。
Img_20160420_125112
仕事の区切りが付いた時、ペットボトルを買ったローソンでチャリン。
Img_20160420_150144
仕事帰りにスーパーでビールを買ったおつりをチャリン。
Img_20160420_201237
おつり募金は「少ないから」なんて思う必要は無いんです。
1円でも、10円でも、チャリンとすれば良いんです。
自分だけだと微々たるものだけど、全国にどれだけの人が募金をしているんだろう?と考えると、すごいことになる。

大金を募金するのも良いけれど、日々こつこつと入れてく募金もやがて日の目を見るのだろうな。
なんて事を考えながら・・・言い訳?・・・今日も募金をしてきました。

少しでも被災地のお役にたてますように。

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 6

2016/4/19 放送分


FMCスタジオ前線スタジオ(旧第2スタジオ)からの放送です。
出演は、
花岡山花岡さん、キラウエア裕子さん、マウナケア詩音さん、そして榎田師匠の4人。

「FMCスタジオ撤退宣言」がついに出ました。
今後どのような形放送が続けられるのか不透明な状況になりました。
とは言え、仮設スタジオでも、車の中でも放送は続けるという師匠の頼もしい言葉も聞けた回です。

一番嬉しかったのは、みなさんの元気な声が聞けたことですね。
特に、詩音さん。
前回リポートを聞いた時は、疲労困憊、憔悴しきった声だったので、大丈夫だろうか?と心配していました。

しかし、この回ではいつもの詩音さんの元気な声を聞けました。

実際の生活は大変なのでしょうが、元気な声を出すことで周りの人も勇気づけられている気がします。

三人三様の避難所の様子、生活の様子を語っていますが、避難所によって対応の差があると言うのが実感できる内容でした。



毎日恒例(?)、一日をしめる榎田師匠の一人語りです。
今回はリスナーの方々からのお便り紹介です。

リスナーに混じって レツゴー匠平さんからの久しぶりのお便りもあり。
「ラジオネームじゃねぇだろう!」にちょっと爆笑。

「頼んでもいないのに募金が始まっちゃってるようです」 ・・・おや?
「正直、ビビってます。」 ・・・みんなが応援しているんですよ。

FMCリスナーの動きは速いですね。応援メッセージ、募金、等々。
みんながそれぞれやれることをやってるのだなと感じました。

頑張れ! FMC!

FMC応援募金に貯金全額募金してみた!

FMC 応援で貯金全額募金しました! Σ(・ω・ノ)ノ!
Fmc__2

残金 141円。
給料前だというのに、なんて言うことでしょう。笑。

全額、と言っても1口、1000円なんですけどね。
少しでもお役に立てれば良いのですけれど。
・・・あっ、メインバンクではないので。coldsweats01

2016年4月19日 (火)

運営募金で FMC を応援しよう!

FMC を遠く離れた地から応援する方法

新潟から熊本へ応援には行けないです。 すみません。

そんな自分に何ができるんだろう?
と、考えた時にやはり「募金」かな?と、思った。

FMC のホームページに運営募金のページがあります。

運営募金・ご協力をお願いします。
 『ウェブラジオFMC』は、皆さまからの募金によって支えられています


ここに募金をすれば良いんだ!

フォームに記載をして(募金をするよ宣言)、銀行振り込みをするのだそうです。

◆送金方法
○銀行振込
 口座/肥後銀行・大江支店・普通330588
 名義/ゲツヨウクラブまたはFMC月曜倶楽部合資会社
 ※誠に恐れ入りますが、送金手数料をご負担下さい。
 ※振込明細を領収書に代えさせて頂きます。


FMCをお聞きの皆さん。
FMCスタジオ再建の為にも、募金をしませんか?
少しでも FMC のお手伝いができないかとお考えの皆さん。
募金をしませんか。

そして応援しましょう。 FMCを!

「頑張ろう熊本!」 現地から発信されるメッセージ 5


FMCスタジオ前(熊本市中央区立大江3丁目)から榎田&立花レポート。
立花幸恵さんが榎田師匠とそれぞれが体験した本震の様子を語っています。

子供と旦那さんに布団をかけて「動くな!」と叫んだとの事。
自分でもビックリするような行動だったとか。
 
師匠は、FMCスタジオの仮設を一人で行っていたとの事。
崩れ落ちた土壁の修復を少しずつ行っているようですが、大変な作業だと思います。

津波の警報が出た時に、近所の方々が一斉に車で避難を始めたそうですが、その為に起こる渋滞。
それを見て、更に不安になっていく繰り返し。
大変だと思います。

深夜の本震で外へ出た時にお子さんが「お母さん、星が出てるよ」と言った一言。
東日本大震災の時も震災の夜、星がきれいだったという話しを聞いたことがあります。
停電して、明かりの無くなった都市部では普段は見ることのできない光景に子供達は目をひかれたのでしょうね。
「あの時の星空」と言うのがいつまでも記憶に残ると思います。
トラウマではなく、体験として記憶に残るのならば良いなと、感じてしまいました。


4/18の放送はこの1回でした。

「頑張ろう熊本!」現地から発信されるメッセージ 4

2016/4/16 QUEMULE・INSIDER・CLUB
No.17  「QIC 第1008回 熊本地震特別版

(すみません。4/16放送分があったので、順不同になってしまいました) 避難所 熊本市立大江小学校からいつもの QIC と違い、榎田師匠の一人語りで熊本地震について語っています。
キラウエア裕子さんからの電話レポートがあります。
慌ただしい避難の様子が語られますが、御家族と御自身は無事とのこと。
避難所生活を送っているとのことですが、ほんと無事で良かった。

そして、榎田師匠の御子息のマコトノスケ君が登場。
初の親子共演だそうです。

あの本震が起きた時のことを語っています
「もう、怖かったよ」と一言。
彼の声を聞いたことが無いのでなんとも言えませんが、少しおびえたような声に聞こえます。
実際、なんとも言えないような不安な気分なのだと思います。

FMCスタジオのある御自宅も被害を受けた様子を語っていますが
「もう、行けないんでしょう」とマコトノスケ君が寂しそうに言った一言が胸にきました。
不安で一杯なのでしょう。

短縮バージョンの QIC でしたが、充分に内容の濃い放送でした。

「頑張ろう熊本!」現地から発信されるメッセージ 3


避難先 大江小学校のプール脇からの放送です。
前回、水が足りないとの放送がありましたがその解決案を語っています。

25mプールに満々と蓄えられている水。
ゴミペールに水をくみ、それをジョウロに入れ替えてトイレを流す水に使っているそうです。

しかし、このプールの脇に浄化装置、またはトイレを設置していざという時に使えるように考えられないかという提案です。
今すぐ、ではなくこの地震を乗り越えた後の次に備えた提案。
今回震災にあっていない地域への今後を考えた提案です。

被災して初めて気付く事もあるのですね。



キラウエア裕子さんが元気な声で登場です。
最初の地震の時、本震の時の体験談を語っています。

マウナケア詩音さんから2度目のレポートがあります。
前回に比べると避難生活に相当ご苦労されている様子がわかります。
ダウンしないように、と願わずにはいられません。

イペリット上田さんからのレポート。
熊本市から離れた宇城市にお住まいとのこと。
そちらも揺れたようで家の中が「しちゃん、かちゃん」になっているそうです。
精神的にもまいっているとの言葉が全てを物語っています。

立花幸恵さんからのメッセージ。
お子さんが不安にならないように気遣いながら日々過ごされているとのこと。
さすがお母さんです。
お疲れの様子もうかがえますが、頑張ってください。

リスナーからの応援メッセージも多数紹介されています。
榎田師匠が涙ぐんでメッセージを読めなくなるシーンも。

徐々に疲れの溜まってくる時期です。
なんとか頑張って乗り切ってもらいたいものです。



4/17 最後の放送はは榎田師匠の一人語りです。
ビールを飲みながら避難所の夜について語っています。

師匠、息抜きも必要です。
気を張り続けず、息抜きもしてください。
FMCリスナーはみんな、師匠の独り言にお付き合いしていますよ。

「頑張ろう熊本!」現地から発信されるメッセージ 2

「大変な事になりました」

この第一声が 4/16 1:25 の本震が起きた後に放送で、榎田師匠の発した言葉でした。


4/16 21:16
・No.13 「頑張ろう熊本! 熊本地方に大地震Vol.13

本震を受けて FMCスタジオのある「多目的文化情報発信施設lunedi」から大江小学校へ避難。
それまでは、人も機材も無事とスタジオから放送を続けていた訳ですが、それすら困難な状態になったとのこと。
それでも必要最低限の機材を持ち出し車の中から放送を続けるというのは並大抵ではないと思います。

そのおかげで我々は現状を聞き知ることができるのですが。
「水が足りない」との事。
まだ救援物資が充分に行き渡っていないようです。

この日は避難が大変だったのでしょう。
放送はこの1本のみでした。

2016年4月18日 (月)

「頑張ろう熊本!」現地から発信されるメッセージ 1

〜FMC 勝手に応援 プロジェクト〜
「平成28年 熊本地震」 FMC からの第一報は FMC第一スタジオから『無事』を知らせる放送でした。

2016/4/14 22:19 No.1 「熊本地方に大地震

その後も約1時間おきに現地の状況を放送し続けています。
2016/4/14 22:42 No.2 「熊本地方に大地震2

2016/4/14 23:32 No.3 「熊本地方に大地震3

2016/4/15 0:34 No.4 「熊本地方に大地震4

2016/4/14 01:27 No.5 「熊本地方に大地震5

2016/4/15 06:36 No.6 「熊本地方に大地震6

2016/4/15 07:19 No.7 「熊本地方に大地震 vol.7

リスナーから応援メッセージが届き始めます。
2016/4/15 09:04
 No.8 「頑張ろう熊本! 熊本地方に大地震Vol.8

FMCスタッフ マウナケア詩音さんから現状のレポートが伝えられます。
2016/4/15 11:08
 No.9 「頑張ろう熊本! 熊本地方に大地震Vol.9

FMCスタッフ ピナツボめぐみ さんからのレポートが伝えられます。
2016/4/15 15:01
 No.10 「頑張ろう熊本! 熊本地方に大地震Vol.10

ここまで一睡もしていないそうです!
2016/4/15 20:15
 No.11 「頑張ろう熊本! 熊本地方に大地震Vol.11

寝てください!師匠!
2016/4/15 21:05
 No.12 「頑張ろう熊本! 熊本地方に大地震Vol.12」

ここまでは、FMCスタジオも無事で榎田師匠の声にも余裕すら感じられます。
スタッフはみんな無事。との話しにホッとしたのを覚えています。

・・・しかし、この後 事態が一変してしまいます。

トップページ | 2016年5月 »