2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ぐるっと日本を旅してみた。 Vol.2 | トップページ | ぐるっと日本を旅してみた Vol.4 »

2024/06/30

ぐるっと日本を旅してみた。 Vol.3

2023年6月24日(土) 3日目

学生時代に山形に住んでいた。

かみさんは山形県出身。

その為、山形県内は知っている場所が多い。

道も慣れている。

旅のペースがまだつかめていない僕らにとって慣れた場所を進むのは足慣らしにちょうど良かったのかもしれない。

 

2都道府県庁目 山形県庁

山形市の東の外れに16階建ての山形県庁がそびえ立っている。

庁舎正面の県民緑地は土曜日なので閑散としていて、誰もいなかった。

「県庁には、県民の森とか、広場とか必ずあるよね」

ミィがふと思いついて言う。

そう言われれば、新潟県庁の隣には県庁の森があったなぁ。県民の、ではなかったけど。

そういうものかもね。

展望室もあるようだけど、閉庁日なので入れそうにない。

県民緑地をしばらく散策してみたが特に気になるものもなく、写真だけ撮ると県庁を後にした。

Img_8278

 

宝珠山 立石寺

山門から階段の段数を数えてみる。

1,2,3,4…

山から降りてくる人とすれ違う為に立ち止まったり、休憩したりと数える事だけに専念できないので結局途中で数が分からなくなる。

1015段あるという石段。 1070段あるという説もあり、結局誰も数えられないんじゃないか!

と、思ってしまう。

段数を数えていたはずのミィもいつの間にか数えるのをやめている。

曇り空でさほど気温も上がっていないので山登りにはちょうど良い。

宝珠山 立石寺、通称山寺に着いた。

土曜日だからなのか大勢の観光客が石段を登っていた。

そして驚くほど多くの海外からの観光客もいて、あちこちで中国語らしき会話が聞こえてくる。

岩に染み入る蝉の声は聞こえず、喧騒だけがそこにあった。

最上段の奥の院を参拝し、脇道を五大堂へ向かう。

五大堂は見晴台のような作りをしていて、そこから一帯を見下ろす事ができる。

眼下に JR仙山線の山寺駅が見えて、発着する電車を見ているとジオラマの模型のように見える。

2時間ほどで麓まで降りてきた。

駅前に旧山寺ホテルを改装した山形レトロ館という建物があり、気になって入ってみた。

古い木造の建物を利用して絵の展示をしていた。

使い込まれた建物はそれだけでも見ていて楽しかった。

「お腹すいたね」

「お昼食べに行こうか」

少しずつ夏の日差しが戻ってきている気がした。

冷たい物を食べたいと思った。

Img_8280 Img_8281 Img_8283

Img_8288Img_8286

 

 

つったいラーメン 「そば処 秦光」

「山形へ行ったら、つったいラーメンが食べたい!」

ミィは山形県に入る前から言っていた。

と、言うより普段から「山形でつったいラーメン食べたい」と言っていたからよほど楽しみだったのだろう。

検索をかけると5分程の所で食べる事ができそうだ。

車に乗るとその店「そば処 秦光」へと向かった。

お昼時ということもあり店の外にも何人か並んでいた。

受付の紙に名前を書くと2、30分待つようだったので車の中で待つことにする。

太陽が出てきたので気温が上がってきた。

名前を呼ばれて店内に入ると中も大勢の人で混んでいた。

小上がりの長テーブルの端に向かい合わせで座るとその隣にも家族連れが案内されてくる。

家族連れは8人連れだったらしく小上がりに座りきれずに椅子席と分かれているようだった。

鬼たぬき中華というのがオススメらしかったので冷し鬼たぬき中華を注文する。

氷の浮かんだ冷やしラーメン、つったいラーメンというのは山形のソウルフードらしい。

さっぱりしていて暑い日にはピッタリなラーメン。 美味しかった。

山形には「肉そば」とか「辛子味噌ラーメン」とか美味しいものがたくさんあるのでまた食べにこようかな。

  Img_8295   Img_8293

 

徳良湖オートキャンプ場

義母に挨拶に行くことにした。

1人なら寄らなかったかもしれないが、娘が一緒だったので退職したと挨拶がてら顔を出すことにする。

義母は元気そうだった。

帰り際にサクランボを持たせてくれる。それも大量に。

山形ではお茶うけにサクランボが出てきて驚かされる。身近な食べ物なのだ。

ありがたく頂いてからキャンプ場へ向かった。

 

最初に寄った無料のキャンプ場が思っていた雰囲気と違っていて別のキャンプ場へ行くことにした。

土曜日だったので心配したが予約が取れたので夕飯の食材を購入してから尾花沢市の徳良湖オートキャンプ場へと車を走らせた。

ここまでがらがらのキャンプ場を利用してきたが、さすがに土曜日のキャンプ場は大勢の人で賑わっていた。

受付でチェックインをすると、指定されたサイトはキャンプ場の奥、坂を上った一番上のサイトだった。

途中のサイトにはびっしりと大型のテントが並びそれぞれが工夫を凝らしたキャンプ道具を並べ、装飾をし、楽しんでいる。

僕らのように旅の宿としてテントを設営している人はほとんどいないようだ。

夕飯の準備をして早速頂いたサクランボを食べることにする。

大粒で甘い佐藤錦は、地元では高級過ぎて口にすることはなかった。

それを口いっぱいに頬張りながら食べてるなんて。

それも後2、3日食べられそうな量がある。

義母に感謝しながらその夜を過ごした。

Img_8298 Img_8303 Img_8308

 

3日目のルート

2023/6/24(土)Img_8301

天候:曇りのち晴れ 最低 17.8℃/最高 28.1℃

山形県山形市〜山形県尾花沢市

走行距離:100.7km

総走行距離:463.6km



« ぐるっと日本を旅してみた。 Vol.2 | トップページ | ぐるっと日本を旅してみた Vol.4 »

日本一周」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。