« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その17 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その18 »

2021/03/11

「区切らず」に「続ける」事。


10年一区切りという言葉があるとしたら、それは外側から見ている人達の言葉ではないでしょうか。
東日本大震災から10年。
一見、区切りとも思える年数です。

でも、被災した方の中には、家族が今だ見つかっていない人もいると聞きます。
区切りをつける必要はあるんでしょうか?

ここを記念日的に捉えている人、マスコミ、社会。
そんなものがあるとしたら、それは他人事から生まれた善意なのでしょう。

あの震災で被災した場所へ行くと感じます。
かつてここにあった物と。
今ここにある物。

被災した人達は、その重みと生きています。
被災していない自分達にできる事はなんでしょう。
それは、あの時の事を語り継ぐことだと思います。

自分達が、TVを通して、ラジオを通して、現地へ行って、話を聞いて・・・等。
感じたことを語り継ぐことだと思います。

あの地震の事は、遠く離れていても体験しているはずです。

行われなかった九州新幹線の開通祝いとか。

TVから流れてきた被災地の様子とか。

ぽぽぽぽーんという CM しか流れなかったTVとか。

それを見て、何かを感じた自分がいると思います。
その事を語り継ぐこと。
感じ続ける事。
思い続ける事。
気にし続ける事。
それが、10年経った被災地への思いではないでしょうか?

その後、起きた熊本地震にしても、それ以前に起きた様々な事のしても。
見て、聞いて、感じたことを語り継ぐこと。
それが大切だとあらためて感じています。

3/11 14:46 「黙祷」

この10年間、この日、この時間に「黙祷」とツイッターに発信してきました。
それは、弔いの意味だけではなく。
思い続けていると言う事を伝え続けたかったから。
自分自身に「忘れるな」と戒めたかったから。

「復興」のお手伝いはできないけれど、現地へ行って何かできるわけでもないけれど、
自分自身に、「忘れるな」と言い続けたい。

それは、これからも同じ事。

« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その17 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その18 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その17 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その18 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ