« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その4 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その6 »

2021/03/02

麦くんと絹ちゃんの話をしよう その5

麦くんと絹ちゃんの話をしよう その5

「映画 花束みたいな恋をした」

・海辺のシーン 個人的見解


2人が付き合いはじめて、静岡までデートするシーン。
一見、2人のすれ違いの始まりのように見える。
ある意味そうなんでしょうが。

ただ、この直前に、めいさんの死が重要なファクターとして語られる。
ここは2人のデートシーンではなく、絹ちゃんがめいさんの死を受け止められなくて、心の中で葛藤しているシーンだと思う。
写ルンですで写真を取り合い、楽しそうに見えるが。
映像はフィルターがかかったような映像。
波の音も無く、ただ絹ちゃんのめいさんへの思いが語られる。

そして、はっきりとした映像に変わり、絹ちゃんが波打ち際で1人立ち尽くして麦くんがいないことに気付く。

このフィルターがかかったようなシーンは絹ちゃんが現実ではない所にいるのだと思う。
めいさんについて考え事をして周りが見えていない状態。
麦くんは、「シラス丼を買いに行こう」と誘ったはず。
でも、絹ちゃんが自分の世界に入り混んでいるので1人で買いに行ったのでしょう。
現に、途中から絹ちゃん一人で海辺にいる映像になっているけど、絹ちゃんは何かに入り込んで周りが見えていないように見えます。

だから、「勝手にいなくならないで!」と絹ちゃんが怒った時、ちょっとビックリする麦くん。

絹ちゃんは、めいさんの話しを麦くんにはしていないのでしょう。
後日、海辺のデートの写真を見て「この花の名前はなんて言うの?」という麦くんに対して
「女の子に花の名前を教えてもらうと、その花を見る度にその子のことを思い出す」という事を言う絹ちゃん。
これは、めいさんの言葉だけど、麦くんはその事を知らないもの。

絹ちゃんは、隠し事が多いような気がする。
その事が、後にケンカのきっかけにもなる。

ラーメンブログの話しもしていないんじゃないだろうか?
二人がラーメンを食べている姿は出てこなかったもの。

« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その4 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その4 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その6 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ