« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その9 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その11 »

2021/03/04

麦くんと絹ちゃんの話をしよう その10

麦くんと絹ちゃんの話をしよう その10

 

「映画 花束みたいな恋をした」

 

・ファミレス 個人的見解

 

麦くんが絹ちゃんに告白したファミレスは、2人のお気に入りの場所のようだ。
席は決まって窓側、奥から2番目のボックス席。
ここで時間を忘れて、大好きな事を思う存分話し合う2人。
awesome city club の PORINさんと知り合うのもここ。
音楽のミキシングについて語られるのもここ。
もちろん、告白もここ。

 

もう一つは、静岡の「さわやか」。
並んではみたものの、あまりの混み具合に最終の新幹線の時間が迫ってくる。
「また今度来ようか」
結局、2人で訪れることがない場所。

 

麦くんは、仕事で静岡へ訪れて「さわやか」でハンバーグを食べることになる。
「実は、あの後”さわやか”でハンバーグ食べたんだよね。」
という麦くんの言葉に、
「私も食べた」、サラッと言う絹ちゃん。
いつ食べたのかは謎のまま。

 

最後のファミレスは、やはり2人のお気に入りのファミレス。
でも、今回は様子が違う。
いつもの席はすでに先客がいて座れない。
「えっ」という顔をする2人。
やっぱり、あの席に意味はあったんだろうな。

 

奥の席に案内され楽しかった友人の結婚式の話しを始める。
この時、何気にさっきの先客が立ち上がり「あの席」を離れて行くのです。
そして、店員が現れて「あの席」を片付けを始める。

 

麦くんの肩越しに「あの席」で行われているこの何気ない映像が、凄いと思った。

 

「結婚」という言葉に逃げ道を見つけようとする2人、
「僕の目標は、絹ちゃんとの現状維持です」
この言葉はいつか、
「ハードルを下げても良いと思う」
という言葉に置き換わってしまう。
最初は否定していた絹ちゃんもハードルを下げ始める。
「そうだね。
 結婚だったら、
 家族だったら、」

 

その時、片付けられた席に、案内されて若い2人が座ることになる。
出会った頃の2人を彷彿させる2人が。

 

結局、これがきっかけで麦くんと絹ちゃんは、別れることとなる。

 

店内にいる人の全てに意味が有るかのような動きが凄い。
ちゃんと筋が通る動きを見せているから。

 

ファミレスということでちょっぴり「恋妻家宮本」を思い出してしまった。

 

« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その9 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その11 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その9 | トップページ | 麦くんと絹ちゃんの話をしよう その11 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ