« 【街歩き】安曇野をウロウロしてきた。
〜その2:安曇野の美術館巡りと山葵園〜
| トップページ | 【キャンプ】新潟市内で近場キャンプ 
〜その2:フレンチの朝食と小川張りで物干し »

2017/10/14

【キャンプ】新潟市内で近場キャンプ 
〜その1:小川張り、ロープワークにいそしむキャンプ

「もう一回くらいキャンプに行けるかな?」というかみさんの言葉に反応して3度目のキャンプへ行って来ました。

9月の土日。
かみさんは、仕事で後から参加。
自分は、日曜日の夕方用事ができてしまった。
そんな状況でも、行けるキャンプ場を探していたら、新潟市内にあるじゃないですか!
海辺の森キャンプ場

実は、前回。 長野へ行った時に雨漏りに気付き。
それが、シールテープの劣化による物だというのが分かったので早速張り替えました。

S_20170917_9_13_27 S_20170917_9_20_56

なので、その成果も確認したかったのです。

それと、今年はタープを買ったのですが、その張り方を調べている討ちに「小川張り」というのを見つけました。
これは、キャンパルジャパンのシステムタープに付属しているセッティングテープを使ってタープを張る方法で、このセッティングテープを買うか、自分で作ってタープを張るというのが一般的です。
が、このテープは、100均のロープで代用できそうなので試してみたくなりました。

まずは、100均で 7m のロープを購入。
そして、ある程度荷重に耐えられるように、耐荷重60kg のカラビナをホームセンターで購入。

S_20170918_20_58_43

タープとポールをロープで結んで設営するという趣向です。
ここからは、ロープワーク。(即興で覚えました。笑。)

「2重8の字結び」で輪っかを作ってカラビナを繋いで、タープに接続。
反対側は、「金比羅結び」を作ってカラビナを繋いでポールに引っかける。
テンションをかけたら、自在結びで末端を固定。

20170923_21_56_06 20170923_21_55_55

これで、小川張りができそうです。
早速、実践。

海辺の森キャンプ場は、サイト大(10m×7m)、サイト小(7m×5m)、そして常設テントのサイトに分かれています。
そして、他のキャンプ場とはチェックインの時間が変わっていて、
9:00〜翌日9:00
16:00〜翌日16:00
が、基本で、
9:00〜16:00
が、デイキャンプ用の時間となってます。

サイト大にしたかったのですが、予約の時点で残り1サイト、それもサイト小。
「ファミリーテントなら大丈夫だよ。」との言葉に予約を入れて、このサイトでうちのテントを建てた場合にタープはどうなるんだろうといろいろ考えながら行ってみました。

息子は、「キャンプは夏! だから行かない」と、つれないので weep、まずは娘と二人でキャンプ場へと向かいました。

まずは、管理棟でチェックイン。
キャンプ場のど真ん中にあり、ここを中心にして左右に長くサイトが伸びています。

20170924_11_09_19 20170924_11_05_36

BBQ場があったりして、こぢんまりとしていますが、キレイなキャンプ場です。

20170924_11_08_26 20170924_11_08_43_2

今宵のキャンプ地は、サイト小の一番外れにあるサイト、「はまなす2」。

20170924_10_49_36

サイト小の区画は、5m×7m と狭いのですが、御覧の通り周りには何も無い。
なので必然的に(?)、ほぼ全てのテントが区画をはみ出して、建っています。笑。
・・・通路からも空間があるので障害にならないのです。
大胆な所は、区画の隣にタープが建っていたり、2区画借りてその間に宴会場ができていたり!!
かなり、緩いキャンプ場ですね。
・・・ノンビリしていてこの雰囲気は、好きです。

我が家も設置完了。
小川張りを試してみました。

20170923_17_47_55 20170923_22_02_52

テント側のポールの高さが低いので、タープの端が下がってしまい、テントに支えられてロープを張ってる感がありますが、小川張りです。
確かに今までのテントとタープが離れた張り方よりも、一体感があるのと雨が降った時に出入りが楽なのが良いですね。
この張り方はありだなぁ、と思いました。
中は、こんな感じ。

20170923_22_56_58

さて、一段落してから、夕飯作成。
遅れてきたかみさんも合流して今宵のディナーです。

メニューは、夏のキャンプはカタカナレシピだったので、漢字、ひらがなレシピにしました。
・豆乳もつ鍋と火鍋風タレ。
・餃子
・ちゃんちゃん焼き
の3品。
あ、タレがカタカナだ。

本当は、火鍋にしたかったのですが、かみさんが胃の調子が悪いのを思い出して豆乳鍋に。
火鍋風のタレを作って、辛みが調整できるようにしました。
餃子は、ちょっと作ってみたかったから。
娘が、北海道から戻ってきたので何となく、チャンチャン焼き。
というチョイスでした。

モツを牛乳に付けてから、下茹でするとか、何気に手間をかけつつ夕げの支度ができました。

20170923_19_45_18 20170923_20_24_36

豆乳の白と、火鍋風タレの赤で、何となく中華の紅白鍋みたいになりました。
意外と、この火鍋風タレが好評でした。

餃子は、キレイに閉じなくても良いようにクルッと巻いて棒餃子に。
ゴマ油、ネギ、レモン果汁、塩を混ぜたタレで頂きます。

20170923_20_10_44 20170923_19_54_35

そして、ちゃんちゃん焼き。
これは、家にあった味噌がちょっと合わなくて塩っぱすぎてしまいました。(T-T)。
それでも美味しくいただきましたよ。

20170923_19_46_52

うどんも持ってきたのですが、豆乳もつ鍋に入れる予定の豆腐を入れてなかった事に気付きました。
で、〆は豆乳鍋の残り汁に豆腐を入れた豆腐汁。

20170923_20_24_29

これが、火鍋風タレを入れて食べると美味しいのです。

夕食と一緒に、焚き火も点火。
9月のキャンプは冷えるかな? と思ったのですが、思いの外快適で、焚き火で暖を取る必要はなさそうです。
ただ、海岸で拾ってきたのでしけている為か? 煙が酷くて隣のサイトから苦情が来ないか・・・それだけが心配でした。

20170923_20_32_43

焚き火の灯りを眺めながら 夜が更けていきました。

・・・ただ一つ。 ラジオを忘れてしまったので、いつになく静かな夜を過ごしました。


« 【街歩き】安曇野をウロウロしてきた。
〜その2:安曇野の美術館巡りと山葵園〜
| トップページ | 【キャンプ】新潟市内で近場キャンプ 
〜その2:フレンチの朝食と小川張りで物干し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12891/65917629

この記事へのトラックバック一覧です: 【キャンプ】新潟市内で近場キャンプ 
〜その1:小川張り、ロープワークにいそしむキャンプ
:

« 【街歩き】安曇野をウロウロしてきた。
〜その2:安曇野の美術館巡りと山葵園〜
| トップページ | 【キャンプ】新潟市内で近場キャンプ 
〜その2:フレンチの朝食と小川張りで物干し »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

赤い羽 熊本地震募金

無料ブログはココログ