« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の1件の投稿

2016/05/14

宇城市役所からの「お礼」は必要なの?

宇城市役所のホームページにこんな案内が掲載されていました。

宇城市への災害義援金を「口座振込」いただいた方、これから予定されている方へ

『4月18日に開設しました宇城市災害義援金口座には、全国の皆様から多くのご支援をいただき心から御礼申し上げます。
宇城市では、宇城市災害義援金を「口座振込」でされた方に対し、ぜひ御礼状をお送りさせていただきたいと考えております。
〜〜
たいへん恐縮ですが「郵便番号」「住所」「お名前(法人の場合は会社名は代表者名)いずれも漢字表記」「金額」について、「メール」または「ファックス」にてご一報いただければ幸いに存じます。』

宇城市の方がお礼を伝えたいというのは良く分かります。
でも、まだ事態が沈静化していないこの時期に「お礼」の話しを掲載する必要があるのかな?
「お礼」が欲しくて義援金を振り込んでいるわけではないでしょうに。

「お礼」を発送するのにも当然手間と、費用がかかります。
事態が落ち着いてからのことだとは思いますが、そんな手間と費用があったら、義援金を送って下さる皆さんの気持ちも考えて、市民の為に手を尽くすべきだと思うのです。
(やっていないとはいいませんが)

宇城市へ直接の義援金を送っていない自分がこんな事を言うのも何ですけれど・・・汗。
(募金が回り回って宇城市へも行ってると信じています)

いつの日か「ここまで復興しました。 日常の生活が戻ってきました」と、地震から復興した姿を見せることこそが最大の「お礼」なのでは無いでしょうか?

〜追記〜
他の自治体にも同様のページがありましたが宇城市とは違う対応でした。

・宇土市
元樹だより 平成28年4月(臨時号) 「ご支援いただいた皆様へ(お礼)」

・御船町
御船町を応援してくださっている皆様へ

これで、充分伝わると思うんですけど。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

赤い羽 熊本地震募金

無料ブログはココログ