« 【街歩き】ラスベガスをうろうろしてきた。 〜 その4 音楽と映像に圧倒!そして誰もいなくなった。 〜 | トップページ | 【街歩き】ラスベガスをうろうろしてきた。 〜 その6 一人気ままな最終日 〜 »

2014/07/29

【街歩き】ラスベガスをうろうろしてきた。 〜 その5 崖っぷちの朝と絶叫の夜 〜

朝、電話のベルで目が覚めました。「先に行きます」の一言で電話が切れる。
?朝食の誘いだったかな?
寝ぼけた目で時計を見ると 7:25 の表示・・・確か集合時間が 7:25 だった気がするなぁ。
えっ!coldsweats02
あわてて、同室君を起こし、着替えて出かける準備。

「先に行きます」って事は置いてかれたのか?

なら、今日は自由行動になるのか?何て、吞気な事を考えつつ、集合場所へ急ぐ二人。

目覚めてから5分で出発!

もう朝から崖っぷちを走っていますよ。

そう、今日はグランドキャニオン ツアー!
ピックアップが隣のホテルで、時間に余裕があったのでなんとか間に合いました。
バスはいくつかのホテルを廻り、ピックアップしてほぼ満員になるとハイウェーを南下してボルダーシティの飛行場へと向かいました。
にぎやかな Strip を離れしばらくすると荒野が広がります。

20140717002128dsc04398

バスは、小一時間で隣町(?) ボルダーシティの入口にある飛行場へと着きました。

20140717004718dsc04401

20140717004650dsc04399

ここから小型機でグランドキャニオンへと向かいます。

20140717030935img_3941

飛行機は離陸するとすぐにフーバーダム、ミード湖の上空を飛びます。

20140717012522dsc04415

20140717012508dsc04413

ここに、ポセイドンと、ヨミの潜水艦が潜んでいたんだな。
などと、バビル2世 ザ・リターナー を思い出しつつニヤニヤしながら風景を眺めていました。
ミード湖を過ぎると回りは何も無い砂漠が広がります。

20140717013350dsc04416

時折、集落が見えるのですが、ほぼ何も無い大地が広がっています。
そして、やがてその大地に切れ目が走り、渓谷が目に入ってきます。
グランドキャニオンの始まりです。

20140717025717img_3938

20140717015246dsc04424

さて、写真の中央に U字型のでっぱりがあります。
これは、ウェストリムのスカイウォーク
高さ 1200m のところに突き出た遊歩道で、足下はガラス張り!
ちょっと面白そうだったけど、今回のツアーには入っていないので上空から見学です。

20140717014350dsc04421

そして、いよいよ飛行機はグランドキャニオンへと到着します。
ここからは、バスでビューポイントへ移動です。
まずは、ブライトエンジェルポイントへ。
ここの見所は・・・リス!

20140717042737img_3947

ホントは、餌をやっちゃいけません!
噛みつかれると狂犬病的な病気を持っていて死にいたる事があるので手を出してもいけません!
と、言う事らしいけど、子供達はやっぱり「可愛い!」って餌をあげてた。gawk

そして、もう一つの見所が・・・鉄道!
20140717045106img_3954

そう、ここは列車で来る事ができるんです!
とは言え、ラスベガスから始発駅までは3,4時間かかるうえ列車の旅も2時間ほど。
とても単独でこれに乗る事なんてできませんね。
何て、思っていたら汽笛が聞こえて列車が到着しました。
ここの駅へは一旦スイッチバックの線路に入ってからバックで到着します。

20140717045226img_3956

20140717045258img_3959

20140717045416img_3965

格好良かった!
線路端で写真を撮っていたら乗客の皆さんが手を振ってくれました。
こちらも手を振っていたけど、編成が長いのでずーーーーと、振りっぱなしだったなぁ。

さて、つぎは マーサポイント へ。
ツアーガイドは、マザーポイントって言っていたけどマーサポイントが正しいみたい。
マーサさんが「素晴らしい!」と絶賛したビューポイントという事らしいです。
さて、それがこちら。

20140717052458img_3972

展望台から下にあるコロラド川までの高さが 約1600m 。対岸までが 約16km!
想像を絶する風景です。
対岸を眺めるとこんな感じ。

20140717052545img_3973

あっち側の平らなところまでが 16km 。
そして、この右側ずー−っと。左側ずーーっと。峡谷が続いています。
とてもじゃないけどカメラで捉えきれません。
そして、実際に見て思ったのは、あんまりすごさを実感できないという事。
対岸の風景が平らに。2次元に見えてしまいます。
そこに巨大な写真がある。と言っても信じてしまいそう。
回りに比較する物が無いのですごさを実感できない。
ホント何を見ているのか分からなくなってしまいました。
こんな感覚、自分だけかな。
不思議な感覚でした。

帰りも、小型機でボルダーシティへと向かいます。
行きよりもちょっと揺れましたが、みんな爆睡していて気にならなかったみたい。
2名ほど揺れで気持ち悪くなってダウンしてしまいましたけど。

さて、ホテルに帰ってノンビリしてからホテルから歩いて10分ほど
ellis island へ行きました。
ここもマイクロブリュワリーですが、お目当てはステーキ!
大きなステーキと、インゲン豆、ジャガイモ、それにビール一杯がついて $13!

20140717104722dsc_0427

20140717113214dsc_0431

20140717111152dsc_0430

ここも、美味しくて幸せなひとときでした。
一緒に行った仲間達もみんな大満足。
その後は、ストラスフィアタワーで絶叫マシンに!

タワーの上から眺める夜景はきれいだった!

20140717144622dsc04461

そして、ビッグショットというフリーホール的なマシンや。
タワーの外側に突き出たシーソー的なマシン エクストリーム に乗ってきました。

20140717150307img_4000

あんまり、こういうの喜んで乗る方じゃないんですけど。
ま、せっかくだからと乗ってみたけど、見ているほど怖くなかった。
エッ?もう終わり?って感じでした。
面白がってフリーチケット買って何回も繰り返し、繰り返し、乗ってる兄ちゃん達がいてビックリしたけど。
楽しい夜でした。

さて、明日は最終日。自由行動なのでたぶん、ラスベガス旅行で誰も行く事の無いと、思われるスポットへ行ってみる事にします。

« 【街歩き】ラスベガスをうろうろしてきた。 〜 その4 音楽と映像に圧倒!そして誰もいなくなった。 〜 | トップページ | 【街歩き】ラスベガスをうろうろしてきた。 〜 その6 一人気ままな最終日 〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12891/60065230

この記事へのトラックバック一覧です: 【街歩き】ラスベガスをうろうろしてきた。 〜 その5 崖っぷちの朝と絶叫の夜 〜:

« 【街歩き】ラスベガスをうろうろしてきた。 〜 その4 音楽と映像に圧倒!そして誰もいなくなった。 〜 | トップページ | 【街歩き】ラスベガスをうろうろしてきた。 〜 その6 一人気ままな最終日 〜 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

赤い羽 熊本地震募金

無料ブログはココログ