« 「killing game」を見てきた。 | トップページ | 「篠山紀信展 写真力」を見てきた。 »

2014/01/13

「大脱出」を見てきた。

「killing game」を見た後に、続けて「大脱出」を見てきました。

「killing game」は、サスペンス物でしたが、「大脱出」は、アクション物です。
何しろ、シュワルツェネッガーとスタローンですもの。
この2人の名前を見てラブロマンスは無いでしょう。
それは、それで怖い。2人のラブロマンスって。

さて、ストーリーは、わざと投獄され、その監獄のセキュリティの隙をついて脱獄するという、監獄のセキュリティ調査をしているスタローン。
これだけの話なら、頭脳戦の知的な話、のようなのですが、そこにシュワルツェネッガーが絡んでくると何故か肉体戦に変わってしまいます。
殴り合い、打ち合い、殺し合い。
いつものスタローンとシュワちゃんのストーリーになってしまいます。

ただのセキュリティ調査であんなに、マシンガンを撃ちまくり、爆破し、看守をなぎ倒していくってのはありなのかね?
突っ込みどころもいろいろあるけれど、深い事を考えずにボケェっと見る方が良いのかも。

原題は、「escape plan」
こちらの題名だともっとシリアスな、サスペンス物で頭脳戦が中心な感じですね。
「Escape impossible」の方がしっくりするけど、これじゃどこかのアクション物と一緒か。

まぁ、この2人のアクションを楽しむ分には充分楽しめる映画ですね。

「killing game」と「大脱出」何だか似ているけど、真逆な内容の2本を見てきた気がします。

« 「killing game」を見てきた。 | トップページ | 「篠山紀信展 写真力」を見てきた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大脱出」を見てきた。:

« 「killing game」を見てきた。 | トップページ | 「篠山紀信展 写真力」を見てきた。 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ