« 【ふくしまおうえん】地雷火って初めて聞きました。 | トップページ | 【ふくしまおうえん】「あの日」のままの「いま」がある。 »

2013/08/18

【勝手に語り部プロジェクト】「宮城県南三陸町 東日本大震災ー記録ー」を追加しました。

【勝手に語り部プロジェクト】

【震災記録】2011.3.11 東日本大震災の記録」ページに「宮城県南三陸町 東日本大震災ー記録ー」を追加しました。

このページで見て欲しいのは、「南三陸町役場防災対策庁舎屋上から撮影した津波の状況写真」です。
と、いうかそれしかないのですけど。

この写真。
被災した南三陸町役場の職員の方が、津波が川を遡ってきてから庁舎を飲み込むまでを写真に撮り続けた記録です。
被災された人によっては、気分を害される事もあると思いますのでそのへんを考慮してご覧下さい。

・川を遡ってくる津波。
・徐々に巨大化し、町を襲う津波。
・その津波が避難先の防災庁舎へ襲いかかる。
・庁舎の屋上へまで達する津波。

この後、撮影者の方はどうされたのだろうと、無事だったのだろうか?と心配してしまうほどの迫力があります。
・・・伝え聞いたところに寄ると、撮影者の方は屋上のさらに上のペントハウスの屋根に上がり無事だったそうです。

震災当時、この記録は写真のみが掲載されていました。
説明もなく、この写真を見た時の衝撃は今も忘れられません。
改めてこの写真を見ると津波という物を自分達は間違って理解していたのではないかと思わされます。
「大きな波」だと思っていました。
しかし、実際は「膨れあがる海」なのです。
それも、短時間に、急激に!

この写真も、数多くの人命が失われた東日本大震災の一つの記録として、語り継ぐべきものだと思います。

« 【ふくしまおうえん】地雷火って初めて聞きました。 | トップページ | 【ふくしまおうえん】「あの日」のままの「いま」がある。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12891/58019451

この記事へのトラックバック一覧です: 【勝手に語り部プロジェクト】「宮城県南三陸町 東日本大震災ー記録ー」を追加しました。:

« 【ふくしまおうえん】地雷火って初めて聞きました。 | トップページ | 【ふくしまおうえん】「あの日」のままの「いま」がある。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

赤い羽 熊本地震募金

無料ブログはココログ