« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の9件の投稿

2013/07/30

カブトムシその後。

脱走して、叩きつぶされたらしいカブトムシ。

2日後に出て来ました。happy02
玄関の下駄箱の陰にいたらしい。

息子は大喜び!
ばぁちゃんは、「私のせいじゃなかっただろ!!!!」と、大いばり。coldsweats02
無事、もといた虫かごへご帰還となりました。


で、気になるのは“叩きつぶされた虫
実は、死体もまだ確認されていません。苦笑。

・・・あれは、なんだったんだろう? coldsweats02

まぁ、いずれにしろ無事で良かった。happy02


2013/07/27

カブトムシ

先日、会社の人が出先の駐車場で見つけたからと、カブトムシを貰いました。

Img_20130723_181637

早速持って帰って子供に見せたら夏休みの観察日記を付けよう!と、大喜び。
ただ虫かごが壊れてフタがなかったので代わりの物でふさいでいました。

ところが夕べ、カブトムシが虫かごから脱走したらしい。
朝カブトムシがいないと大騒ぎにwobbly
で、よくよく話を聞くと夜中にばぁちゃんが、部屋のカーテンにゴキブリがいたのでスリッパで叩きつぶしたらしい。coldsweats02

それって、もしかして・・・・・。crying
ばぁちゃんが息子に謝っていました。coldsweats01

観察日記は、
1日目:「カブトムシが来た!」
2日目:「スイカの皮をあげたら喜んで食べていました」
3日目:「ゴキブリと間違えて叩いてしまいました」
と、なってしまった。weep

・・・まぁ、例年通り(?)まだ書いてもいないんですけどね。笑。


2013/07/21

天高く、ハトが舞う空

今日は、仕事で三条へ行って来ました。

その帰り道、高速を使わず裏道をノンビリ走っていたらすごくキレイな空でした。
思わず、車を止めて写真を。

001

田んぼの緑と、空の青。
なんかすごいなぁ、と思っていた。
でも、良く見ると鳥が飛んでいるんです。
ハトかな?

ほら。

002

空高く飛んでいく感じ。
すごいなぁ。

これが、時間が経つとますます空へ向かって羽ばたいていました。


003

何か良い事あるかなぁ?
そんな、今日の新潟の空でした。


2013/07/20

劇場版 Gundam00 を見直してみた。

久しぶりに「劇場版 Gundam00」を見ました。

映画館で最初に見た時は「なんじゃこりゃ!」って感じだったけど今見ると普通に見る事ができました。
まぁ、正統派 Gundam 〜 Z 〜 (ZZ?)〜 逆シャア 〜 UC の流れから見ると異端なんですけど。

もう少し方向性が変わると、もう少しデザインが・・・、そうすると良い感じだったんですけどね。

それでも、あの最後の「花」はいただけないという感じは、変わらないなぁ。


ただ、見直すと「なるほどね」と感じる部分もないわけではないなぁ。

・・・エンディングは、やっぱり良いねぇ。


プリンタ

プリンタが壊れました。

Canon iP4500 を使っていましたが、印刷できなくなりました。
どうしようかと思ったけど、やっぱり買い換える事に。

何が良いんでしょうね。
ブラザーのプリンタが気になっていたのですが、どもビジネス向きっぽい感じ。
一般向けの商品といっても文章印刷が優れているみたい。

写真印刷を考えるとやっぱり、EPSON か Canon 。
で、Canon を選択。
今は複合機が主流みたいで選択肢は MG6330 になりました。
で、 amazon で購入してみました。
ギフト券もあったし。

明後日辺り届くかな。
使用中のプリンタとスキャナの処分を考えなくちゃ。

ただね、どの機種選んでもインクが高いんだよね。
互換インクでも考えようかな?


2013/07/13

「ガレキとラジオ」を見てきました。

映画「ガレキとラジオ」を見てきました。

見たい、見たい、と、思いながら上映時間がなかなか微妙で見に行く事ができませんでしたが。
今日は、仕事でちょっと遅くなるのと、かみさんが飲み会なので迎えに行かなくては、という大義名分がありcoldsweats01、その待ち時間に“ちょうど”上映時間が当てはまったので見てくる事にしました。
しかも、今日が上映最終日、そして最終上映時間。
最後の最後に見る事ができました。

物語は 3.11の震災で津波にのみ込まれた人の視点で語られます。
南三陸町が防災放送のためのFM局を開局。
予算の都合で 10ヶ月間の短期放送。
そこに集まったラジオの現場を知らない9人の素人
その放送は、町の人々にとって津波で壊されてしまった防災無線に代わる防災情報を受け取る手段。
9人にとっては、ささやかではあるが生活を支える唯一の仕事、収入源。

失敗、後悔、苛立ち、悩み、葛藤・・・9人のいろいろな思いをそれぞれが持ちながら番組が作られていきます。
それが少しずつ、喜びや連帯感、そして達成感に繋がっていく。
そして南三陸町の人々の為に何かを、ラジオでできる何かをやろうと言う思いにまとまっていく。
その思いが小さな、小さな奇跡をおこす。


ラジオが被災者を元気づけ、励ました。
そして、明日への一歩を踏み出す勇気を与えてくれた。
これは、現実にその場にいた人にしかわからない感情だと思う。


何故、この映画を見たのか?と、聞かれたら
「人は決して忘れてはならない事がある。
 私はその確認をする為に此処へ来ている。」
と、答えるかな。
碇ゲンドウか!

でも、本当に3.11が現実に起こった出来事なんだと、確認するために。
あの出来事を忘れないために。
この映画を見に来ました。

映画の最後に、今だに見つからない娘と孫のために、おばあさんが桜を植えるシーンがあります。
あぁ、やっぱり桜なんだな。
ふと、そう思ってしまいました。

南三陸町の人々が明日へ向かって、一歩ずつ進んで行かれる事を、願ってやみません。

2013/07/04

碧・青・赤・そして緑

海の色に目を奪われて、

夕陽の色に心惹かれて、
空の変わりゆく色に驚き、

ふと足下に目をやると、
鮮やかな緑が飛び込んできた。

004

海の碧、空の青、夕陽の赤。
そして、大地の緑。

足下を踏みしめて生きているんだな。

ハートマークが、そっと教えている事。

あの日から、見方も変わったかもしれない。

でも、あの時も、今も。
身近な存在なのだと思う。

どこか、
懐かしさを感じ、
落ち着きを感じ、
楽しさを感じ、
幸せを感じ、

笑い、
悔しがり、
涙する。

その為に人々は、ここへ集まってくる。
「波音」に誘われて。

ハートマークが、そっと教えている事。

003

優しく、
静かに、
そっと、教えている事。

静寂への一瞬。

海辺に立つと、良く分かる。 海は、刻一刻とその表情を変えていく。 一日中浴びた陽の光を放出するかのように ほのかに赤く光り出す一瞬。

001


あの、グレーのラインの先は、異国の地。
あの、グレーのラインの上は、果てしない宇宙。

やがて、赤から青へ。
その色合いを変えていく。

002

赤から青へ。
動から静へ。
明から暗へ。
喧噪から静寂へ。

やがて、
静寂の海へ。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

赤い羽 熊本地震募金

無料ブログはココログ