« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の17件の投稿

2012/05/31

今月号の「ROCKIN'ON JAPAN」は、BUMP OF CHICKEN の「GOLD GLIDER TOUR!」の特集じゃないか!

今月号の「ROCKIN'ON JAPAN」は、 BUMP OF CHICKEN の「GOLD GLIDER TOUR!」の特集じゃないか!happy02 しかも、新潟公演の密着取材!

良いね!良いね!
ライブを思い出してしまったよ。happy01

iGAMMAで計測。 戸田書店 新潟南店 駐車場 0.1μSV/h

放射線量測定情報 - 測ってガイガー! http://hakatte.jp/spot/39378 @hakatteさんから

新潟県新潟市中央区姥ケ山
戸田書店 新潟南店 駐車場

天気:晴れ
計測値: 0.1μSV/h


2012/05/29

iGAMMA で測定

放射線量測定情報
新潟県新潟市中央区鳥屋野2丁目
- 測ってガイガー! http://hakatte.jp/spot/39263 @hakatteさんから

セブンイレブン 鳥屋野2丁目店駐車場
天気 晴れ
測定値:0.07マイクロSV/h

2012/05/28

お昼の出来事

今日のお昼にラーメンを食べてると隣に親子がすわった。
年長さんか小学生位の子供の話がおかしかった。

長野には***って言う美味しい蕎麦屋があるんだよ。

どんな蕎麦通な子供なんだろう。
お父さんはにこやかに話しを聞いていたなぁ。

うーん、蕎麦屋の名前を聞きのがしてしまった。gawk

2012/05/27

町歩記 鶴岡市 その3 庄内公園

意外と居心地の良かった丙申堂を後にしてさらに散策。 Img_20120520_140534

この辺りは、ガイドブックによれば観光スポットが点在しています。
まずは、先ほどから歩いている川、内川にかかる朱塗りの欄干を持つ「三雪橋」(みゆきばし)。

Img_20120520_140834

小説に出てくる橋のモデルになったようです。
(何の小説かは、良く分からないけど・・・苦笑)
この橋を右折して川から離れて進みます。
するとおしゃれなお店を発見。

Img_20120520_140923

遊工房&シーグラスというお店。
ステンドグラスのお店で喫茶店を併設しています。
ここでは、ステンドグラス作り体験もできるようです。
時間の関係で店内を眺めるだけでお茶もしないで出てきました。
そして、このお店の向かい側に建つのが「鶴岡カトリック教会天主堂

Img_20120520_141153

赤いとんがり屋根が目立ちました。無料で見学ができるらしいですが、ちょっと入りづらい雰囲気があったので外から見学して終了。
幼稚園が併設されていましたが、こういう所へ通える園児はちょっとうらやましいかも。
ただ、うちのチビ助君が退屈してきたので先に進みます。
「公園」で遊びたいらしい。

カトリック教会から先に進むと見えてくるのが鶴岡公園です。
クジャクが羽を広げて迎えてくれました。

Dsc01899

鶴岡公園は庄内藩の「鶴ヶ岡城」の城跡が公園になっていて中に庄内神社があります。
公園には、遊び場もあるのですが園児向きの遊具ばかりで小学生の息子にはちょっと合わなかった。

Img_20120520_142700

広い参道を歩いて庄内神社へ向かいました。
神社の前に「藤沢周平記念館」というのがあって外から見ると図書館のような雰囲気でしたがこちらは藤沢周平の資料館となっているようです。
(よく知りませんが・・・)
さて、庄内神社でお参りをすると境内にお茶のサービスがあったので一服。

Img_20120520_143148

この日は、日差しがありちょっと汗ばむくらいの陽気でした。
で、ポットには熱いお茶!
自分は、美味しく2杯も頂いたのですが、参拝に訪れた人は「熱いお茶はいらない」と敬遠してましたね。
もっと暖かくなると冷たいお茶になるのかな?
その脇には、おみくじを売っていました。
このおみくじ、これでもか!ってくらい種類があって迷ってしまいます。

Img_20120520_143306

鯛釣り神籤なんてものがあって、釣り上げた鯛におみくじが付いてるものがあったので、子供がやりたがったのですが、おまけの鯛がけっこう大きく邪魔(?)なので止めて「トンボ玉神籤」を引いてみる事に。
結果きれいなトンボ玉が付いてきたので喜んでカバンにぶら下げていました。
公園内は、堀が残っていたり、緑がたくさんありました。
歩き疲れたので木陰でちょっと休憩。

Img_20120520_145440

その後、公園の裏にある最後のスポット「致道博物館」へ向かいました。
鶴岡市のスポットといえばここしか浮かんでこなかったのでもともとの目的地なのですが、意外と他にもスポットを見つけたので・・・時間が無くなりました。苦笑。
ここは、郡区役所、旧警察署等の古い建物を集めて資料館にした博物館です。
ここからぐるっとバスに乗って駅へ戻る予定で最終バスまで30分!
急ぎ足で館内を巡る事にしました。

Img_20120520_152245

急いで回ったわりには、売店でソフトクリームを食べたりして。
店の人に最終バスに乗りたいので急いでアイスを下さい。
と、無茶を言いつつ、食べてる途中でバスが来たので店の人に心配して貰ったりと迷惑をかけてしまいました。ゴメンナサイ。despair
しかも「ぐるっとバス」に乗って「きらきら羽越観光圏パス」を見せたら運転手さんは分かっていなかったらしく、切符とにらめっこ!
無線で会社に問い合わせまでしていました。
JRさん、周知徹底しましょうよ。
とはいえ、無事鶴岡駅へ戻り再び「きらきらうえつ」に乗り込んで新潟へ。

Img_20120520_163309

帰りは、まとめて席が取れたので椅子の向きを変えてボックスにして座りましたが、この車両で自分だけ他の乗客と向き合う形で座ったので、ちょっと恥ずかしかったりして。
思いつき、行き当たりばったりで行ってみましたが、鶴岡は結構楽しめました。
今度はゆっくり調べてから行ってみたいですね。


町歩記 鶴岡市 その2 鶴岡駅〜丙申堂

鶴岡市は、庄内藩の城下町として栄えた町で、市内のあちこちにその面影を見る事ができるとの事。

前述したとおり、フリー切符の特典のレンタサイクルは子供用の自転車が無くあきらめ。
観光巡回バス「鶴岡観光ぐるっとバス」に乗るには時間が結構空くのでそれなら歩こうという事になり、ガイドブック片手に散策開始です。

鶴岡市は、最近は映画のロケ地としての売り込みをしているようで、庄内映画村なんてものまでできていました。
ただ、市内から離れているので今回はパスしましたが、あちこちで映画の撮影地という案内を見つけました。
これは、「おくりびと」の撮影地の案内。

Img_20120520_124340

駅前の道をズンズンズンと歩いて行くと商店街に入りました。
帰りに乗ったバスの運転手が話していましたが、シャッター商店街となっていて閑散としていました。
郊外のバイパス沿いに大型店ができて人の流れはそっちになってるのでしょうね。
商店街を抜けると大きな神社がありました。

Img_20120520_124844

真っ赤な屋根が印象的な「山王日枝神社」というそうです。
取りあえず、お参り。
その向かいには、ガイドブックに絵ろうそくの絵付け体験ができると、書いてあった「富樫絵ろうそく店」があります。
Img_20120520_125557

残念ながら、予約制という事でこれもできずにさらに先に進みます。

すると、今度は「まちなかキネマ」という看板が。
映画に関する何かかな?観光施設?と思いつつ矢印に沿って路地に入って行ってみました。

Img_20120520_130204

行ってみると「ひらぼく食堂」というレストランを併設した映画館でした。
映画を見る予定は無いので、引き返したのですがこの「ひらぼく食堂」。
なんかの映画に出てきた食堂の名前かな?と、思ったのですが「平田牧場」直営のレストランだという事を後からネットで知りました。・・・美味しかったんだろうなぁ。
映画館の脇にはこんな手書きの看板も。

Img_20120520_130437

この絵、ポスターでは無かったのですよ。
手書きっぽかったなぁ。今時こういう映画の看板もあるのですね。

さて、通りに戻りウロウロしていると今度は「まちなか基地」を発見。
山形大学の学生ボランティアの施設らしいのですが、残念ながらこの日は開いていませんでした。
東日本大震災ボランティアプロジェクトと書かれていたのでちょっと気になりました。

Img_20120520_130911

その先で川にぶつかります。
その角にまたまた気になるものを発見。
本当は、ちょっと変わった建物と、思って写真を撮ったのですが、後から写真の左下を見て笑ってしまった。クリックして見て下さい。

Img_20120520_130941

「コーディ・ネイトは、こうでねいと」
何じゃこりゃ!
鶴岡、侮れません。bleah

ここから先は、「こうでねいと」を曲がって川沿いを歩きました。

Img_20120520_131108

そして、ここにも煉瓦造りの歴史的構造物が。

Img_20120520_131413

・・・って、公衆トイレでした。coldsweats02
これ元々なんだったんだろう?ちゃんと煉瓦造りのようでしたが・・・。

この近くに「ととこ」というお店がありました。
何となく「ととこ」だから焼き鳥屋だ。と思ったら「魚の唐揚げ」の札が下がっていた。
かみさんに「“とと”って言ったら魚の事でしょう。知らないの?」
と言われてしまった。なるほど。

Img_20120520_131746

でも、食べログで調べたら「養鶏場が経営している店」で昼はラーメンや、カレーを出し、夜は焼き鳥等を出す居酒屋になるみたいです!
やっぱり焼き鳥を出してる店じゃないか!pout
たまたま、魚の唐揚げのメニューが出てたみたいです。

さらに川沿いを歩き、ガイドブックに載っていた「丙申堂」へ行ってみました。
せっかく来たのだから観光スポットも寄ってみようって位のノリでした。

Img_20120520_132454

ここは、越後の沢海藩の武士が商人となり鶴岡へ移住し、鶴岡一の豪商になったという風間家の建物を開放したものです。
入場料を払うと案内の人が一人付いてくれて、建物の由来や室内の説明をして案内してくれます。
庄内といえば本間様だと思っていたのですが、鶴岡では風間様なのですね。
見所がいろいろあって寄って良かった。good
一番すごかったのは、この磨りガラス。

Img_20120520_135558

室内にある倉が外から見えないように廊下のガラス戸に使われているのですが、なんと全て手彫り!
だから柄は同じでも形が同じものが1枚も無いというものです。
割れたら今となっては取り替えがきかないとか。sign03
昔の人はすごいことするなぁ。と、感心してしまった。

Dsc01894

庭もきれいで、気持ち良い風が通り抜ける二階の部屋は、ここで昼寝をしたいという気になりました。笑。
さて、次の観光スポット、鶴岡公園と致道公園を目指してまたテクテク進みます。

続く。


町歩記 鶴岡市 その1 「きらきら うえつ」

先週末、土日にかみさんが出張で横浜まで行くのに「JR東日本 ウイークエンドパス」を使って出かけました。

土日にJR東日本の半分くらいの路線を乗り放題になる切符です。
しかし、急に予定が変わり日帰りで帰ってきたので、これは日曜日も使えるのにもったいないなぁ。と思い急遽JRで出かける事にしました。
「きらきら うえつ」で鶴岡市へ。
何があるかは全然分からないのですが、ネットで軽く調べて行き当たりばったりで行って見る事にしました。
切符があるといっても自分と子供の分は買わなければ行けないのでみどりの窓口へ行ってみるとフリーパスがあるとの事。
それも、「えちごワンデーフリーパス」と「きらきら羽越観光圏パスSP」を組み合わせるとちょっと安くなると言うのでそれを利用して行って来ました。

Img_20120526_152344

実は、レンタサイクルや鶴岡市内の観光周遊バスや無料になる特典付き!
新潟駅でまず、るるぶ山形 を買いcoldsweats01 鶴岡の情報を集めてホームへ。
もう少し早いと「SLばんえつ物語号」が隣のホームにいたはずなんですけどね。
我々が乗るのはこのちょっと派手な「きらきら うえつ」酒田行です。

Dsc01840

運転席の後が展望席になっていて自由に出入りできます!happy02

Dsc01852

新潟の田園地帯を抜けて行きます、早速お弁当を購入。
「まさか いくら なんでも寿司」と、
Img_20120520_110425

名前は忘れたけど、牛肉のお弁当。

Img_20120520_110447

車内の売店でほとんど売り切れだったのでこれが最後のお弁当でした。
かみさんと、子供で食べて自分はありきたりのサンドイッチを・・・。
列車は、村上を過ぎると笹川流れの海岸沿いを走ります。
この辺りが一番の見所ですね。

Dsc01853

粟島もくっきり見えていました。

Dsc01854

海がきれいですが、泳ぐにはまだ早いですね。

Dsc01868

笹川流れを過ぎると鼠ヶ関に到着。
いよいよ、山形県へ突入します。

Img_20120520_115230

リゾートトレインだと車内をうろつくのも気にせずできます。happy01
通路が全部スロープになっているのもすごいです。
ただ、トイレが故障中で車内に1カ所しかなかったのが残念でしたが。
この列車は、4両編成で2号車が売店とラウンジになってます。
当日指定券を買ったので座席がバラバラになってしまったけど、ラウンジに陣取るのも手だったかな?
実際、子供連れの人なんかはそうしてましたね。

Dsc01875

そうこうしているうちに2時間ほどで鶴岡へ到着。

Dsc01882

この日は、秋田方面へ行く「リーゾート鳥海」が止まっていました。
なんかかっこいいなぁ。

Dsc01881

鶴岡に到着。
そうそう、切符ですが「えちごワンデーフリーパス」は村上までのフリー切符。
「きらきら羽越観光圏パスSP」は、坂町から羽後本荘までのフリー切符です。
なので、新潟駅では「えちごワンデーフリーパス」で乗車。
鶴岡駅では「きらきら羽越観光圏パスSP」で下車しました。
新潟駅では「駅員のいる改札を通った方が良いかも」と言われましたが、自動改札を通しても問題なかったです。
また、車内で酒田まつりをやってる事を発見してそっちへ行こうかとも悩みました。
指定券が鶴岡までだったので車掌さんに聞いたら・・・。
「誰も乗ってこないから大丈夫ですよ。帰りは誰か乗ってたらよけて下さい。鶴岡からは乗れるので大丈夫です。」との事。coldsweats01
意外とラフだなぁ。ま、指定席料金は一定だから良いのでしょう。
さて、鶴岡市。車内で、るるぶを見ながら来ましたが、何があるか分からないけど、行ってみますか。
レンタサイクルを借りようとしたら,子供サイズが無く。
周遊バスまで時間があったので歩く事に。
ここからいよいよ、町歩きです。

Img_20120520_123545

続く。


2012/05/20

b-mobile の SIMカードを Fair に戻してみた。

b-mobile の 「b-mobile SIM U300」を1ヶ月だけ使ってみた。 「b-mobile Fair」 と違って接続とか使用量を気にしなくて良いのは良かった。 Twitter なんかのテキストベースの通信や画像のアップくらいは問題なく使えた。

でも、使用期間が切れたので再び「b-mobile Fair」を使う事にしました。

「b-mobile SIM U300」は、300kbps の制限付きで使い放題。
1年契約で 29,800円。
月額 約2,480円
だけど、「b-mobile Fair」だとチャージで使うと 4ヶ月で 8,350円
つまり、1ヶ月 約2,087円 で速度制限無し。
4ヶ月 1Gbyte の使用量を注意すれば安いのです。

自分の使用方法では、全然問題がない事は前回実証できたし。
・・・サイマル放送を聞かなければ・・・coldsweats01
たぶん大丈夫でしょう。

たぶん。

こんどこそ、4ヶ月持たすぞぉ!coldsweats02


ふと気付くと、鶴岡市内を散策したけど、コンビニを見かけなかった。

今日は、「快速 きらきらうえつ」号に乗って鶴岡へ行って来た。 詳細は、後日書くとして今になってふと驚いた事があった。

鶴岡駅から市内を散策して鶴岡公園へ行ったのだが。
1時間ちょっと町中をぶらついていたのだが。
決して裏道を歩いていたわけではないのだが。

コンビニを一つも見かけなかったなぁ。

このルートを歩いたのだが。


より大きな地図で 鶴岡市内を散策 を表示

あらためて、地図で確認しても・・・コンビニがないなぁ。
ちょっとした驚きでした。

2012/05/14

町歩記 新潟市 その4 信濃川

新潟駅前を出発して万代へ行き、万代から約1時間かけて白山公園まで行きました。 しかし、今度はそこから約30分で萬代橋まで戻らなくてはならなくなったのです。

それは、「ウォーターシャトル」に乗る為でした。
上古町をゆっくり散策していたかったのですが、息子がせかすのでせわしく写真を撮りながら上古町を小走りに抜けて、古町モールの入り口から八千代橋を通って萬代橋までを大急ぎで走っていきました。

おかげで最終便に間に合いましたが、疲れた。bearing

萬代橋から終点のふるさと村までは、大人700円、子供 350円です。
バスが、500円弱なのでちょっと高いかな?

Img_20120513_153751_2

で、息子はといえばここまでせかしておいて、ゲームに夢中とか。苦笑。

Img_20120513_151455_2

船内はこんなかんじです。

Img_20120513_153304_2

Img_20120513_153252_2

そして、デッキのエントランスはこんな感じ。

Img_20120513_154536_2

船内には、自分達の他に1家族がいて全部で5人。
採算は大丈夫なのか?と、ちょっと心配してしまいました。
船は、八千代橋、昭和大橋を抜けて、関屋分水との境の新潟大堰をくぐり抜けます。

Img_20120513_153448_2

そして、関屋分水と合流して広大な本流へ!
(今までも本流なんですけどね。苦笑。)

Img_20120513_153510_2

そして、マングローブの密林を抜け。
(あくまでもイメージです。マングローブはありません・・・あたりまえ)

Img_20120513_154909_2

そして、平成大橋、新潟バイパスの新潟大橋を抜けて新幹線の下を抜けていきます。
残念ながら新幹線とのクロスはありませんでした。

Img_20120513_154551_2

次に、高速道のときめき橋を抜けると終点のふるさと村です。

Img_20120513_155432_2

Img_20120513_155511_2

Img_20120513_155647_2

折り返しになるふるさと村からの最終便は、10人ほどが乗りましたが、船着き場にいたその他の多くの人達はただ見学に来ただけだったみたいです。

Img_20120513_160052_2

新潟ふるさと村では、「たこ焼き・お好み焼きまつり」をやっていたようです。
美味しそうだったのですが、遅くなったので買わずにそのまま帰宅しました。

何気ない思いつきで散策したのですが、結構新潟を見直す機会になりました。
今度はじっくり古町を散策してみたいですね。


町歩き 新潟市 その3 上古町

さて、白山公園でぽっぽ焼きを堪能しつつ次に向かうのは古町通り。 白山神社の鳥居の前から始まる通りです。 ここから、古町モールのアーケード街の入り口までを「上古町」と言うそうです。 詳細はこちらのホームページをどうぞ。 で、この辺りのイメージはというと・・・

・以前は門前町として栄えた所
・でもかなり廃れてしまった。
・シャッター商店街

というイメージがかなり強くありました。
しかし、今回訪れてみてかなりイメージが変わりました。
「がんばってるなぁ」
という感じです。
かつてシャッターを下ろしていた辺りに新しく出店した店が目立って増えてきています。
もちろん、昔からの店も残っていたりして、かなり良い雰囲気ができつつありますね。

Img_20120513_144646

こんな昔からの銭湯があったかと思えば、

Img_20120513_144816
Img_20120513_144841

こんなおしゃれな糀屋さんがあったり。
(本店は東京らしい。)

Img_20120513_144914

昔からあった(と思われる)店が外観を新しくしていたり。

Img_20120513_144954

どうも、気になるツナギ屋さん。
この日は、休みだったみたい。

Img_20120513_145034

こんなお店もちょっと、おしゃれ。

Img_20120513_145258

建物の隙間にも何かが潜んでいる。happy02

古町っていつの間にこんなに楽しい空間になっていたのだろう?
実は、ココまで急ぎ足で通り過ぎてしまったのです。
ちょっと残念だけど、今度またゆっくりと来ようっと。

Img_20120513_145358

で、たどり着いたのが古町モールのアーケード街。
ここでは「古町どんど」が開催中でした。
上古町とは別のグループらしいので、アーケード街と上古町のイベントの接点は無さそうですね。
せっかく、白山〜上古町〜古町アーケード・・・というつながりがあるのだから、一部だけのイベントでは無く、「古町通り」全体の盛り上がりがあれば良いのになぁ。とちょっと感じてしまった。
・・・実際にはあるのかもしれませんけどね。

ちょっと、上古町が気になってしまったのですが、息子がせかすのでゆっくりはしていられません。
急いで、萬代橋まで戻らなければ。
その訳は・・・。

・・・続く。

町歩記 新潟市 その2 やすらぎ堤

この建物、別に怪しくもなんとも無いわけで・・・

Img_20120513_132719s_2

実はこれ、7月に開催される「水と土の芸術祭 2012」の出品作品なんです。

Img_20120513_133418

しかも中にまで入れてしまう。
竹でできたバンブーハウスなんですよ。
中にいると結構気持ちの良い空間です。
室内で寝転ぶとこんな空を眺める事ができます。

Img_20120513_133400

やすらぎ堤の NST の前に建っています。

さて、ここからは八千代橋をくぐり、昭和大橋へと向かいました。
このへんは近くの南高校の部活のトレーニングの場として使われているようでこの日もランニングをしている高校生がたくさんいました。

Img_20120513_140101

信濃川の右岸を歩いてきましたので、ここから昭和大橋を渡って左岸の白山公園へと進みます。
白山公園は、白山神社を中心とした公園で春先には桜が咲いたり、この時期は大きな池の畔に藤やツツジがたくさん咲く花の名所でもあります。

Img_20120513_141512

今回初めて知ったのですが、白山神社は「歯」の神様でもあるそうです。
『「歯」くさん』(漢字を忘れてしまった)とも言うのだそうです。

Img_20120513_142436_2

公園の中には、子供の遊び場があったり、猿もいたりとちょっとした憩いの場になっています。
そして、忘れてはいけないのが新潟のソウルフード「ぽっぽ焼き」でしょう。
もちろん今日も買いました。

Img_20120513_144241

9本で500円。
子供と二人でこの本数ですが、20本、30本と買っていくのが新潟人です。
お正月やお祭りの時は多くのぽっぽ焼き屋が並び、そこに多くの人が並ぶのですが。
今日は誰も並んでいなかったのですぐに焼きたてのぽっぽ焼きを買えました。
これをつまみながら散歩はさらに続きます。

・・・続く。

2012/05/13

街歩記 新潟市 その1 万代

新潟駅前でランチバイキングなる物を食べてきた。 その帰り息子とぶらぶらと市内を歩いてみました。

まず駅前から東急インの脇をバスセンターへ向かって歩いて行きました。
万代に入ると結構変わっていてビックリ。
シルバーボウルが無くなったと聞いていたけど、ケンタッキーなんかがあった一角がすっかり更地になっていた。

Img_20120513_124502_2

今後何かが建つ計画があるのかな?
やっぱり何も無いとちょっと寂しい。
そういえば、3.11の地震以降休業していたレインボータワーも廃止になったんだよなぁ。

Img_20120513_125451

息子といつか乗ろうと思っていたのに。残念です。
バスセンターの屋上で鳩と戯れた後、ビルボードプレイス2へ。
いつもなにかしらイベントをやっているので1階へ行って見たけど今日は何もやっていなかった。
その代わり、奥に妙な空間「万代パビリオン 昭和嗚呼懐物(昭和アーカイブス)」なんて物があった。

Img_20120513_131141

駄菓子屋風のお店の奥が展示コーナーになっているみたいだけど、入場料を取るみたいだから・・・取りあえずパス。coldsweats01
2階へ上がって「やすらぎ堤」へ抜けました。
やすらぎ堤は、たくさんの人が散歩をしたり、寝てたりとノンビリした空間が広がっています。
自分達も萬代橋を眺めながらノンビリ。

Img_20120513_131644

そして、振り返ると怪しい建物が!

Img_20120513_132719

こ、これはなんだ?

・・・続く。


2012/05/08

MacBook Air をまな板立てに立ててみた。

MacBookAir の収納方法で、BookArc for Air TWS-ST-000005 が結構良さそうだなぁと思った。 そこでふとMacBookAirは中華包丁として使えるのか。 という記事を以前読んだのを思い出した。 おや?、ちょうど手元に100均で買った包丁立てがあるぞ! さすがに包丁立てに MacBookAir は刺せないが、包丁立てとまな板立てが一体化している。 あぁ、まな板立てに立てれば置けるじゃないか!

Img_20120506_140509

余裕で置けた!
本体が傷つきそうに見えるが、eggshell for MacBook Air を付けているのでその心配も無い!
これでThunderbolt モニターケーブルがあれば置きっぱなしでも良さそうだなぁ。
うーん、包丁立てには何を刺そうかなぁ?


BUMP OF CHIKEN の GOOD GLIDER TOUR @朱鷺メッセ へ行ってきた!

アルビの試合をそっちのけで、朱鷺メッセで行われた BUMP OF CHICKIN 2012 TOUR 「GOOD GLIDER TOUR」 へ行ってきました! やっぱ、 BUMP は良いです。 今回は、チケットが2枚当たったので娘と行こうかと思っていたのですが、娘達にことごとく振られてしまい(苦笑)かみさんと行ってきました。

実は当日、諸般の事情により開演約6時間前に「行かない!」と、宣言してしまった。
でも、かみさんに「せっかくだから行こう」と説得(?)されて行く事に。
それでも、家の事バタバタやっていたら出発が遅れてしまい、朱鷺メッセに着いた時には周辺の駐車場はどこも一杯という有様。
結局、駅に近い所に車を止めて急いで会場へ行きました。

Img_20120506_173610_2

到着した時には入場待ちの列は朱鷺メッセからあふれていたので、取りあえずグッズ売り場へ。
この時点で開演20分前!
でもまだまだ列は長くて10分前にようやくレジへ入る一歩手前まで来ました。
タオルとリストバンドとキャップが欲しかったのですが、この段階で聞こえてきたのが・・・。
「タオル売り切れました!」
の声。時間も時間なので、あきらめて会場へ入ろうと列を抜け出しました。
4年前は結構後ろの方だったのですが、今回はDブロック。
センターにある機材よりも前でしたが、向かって一番右端のブロックだった。
オールスタンディングで遅れて入り、ブロックの後ろの方に立ったので人混みの間からちらちらとメンバーが見える程度。
それでも、ノリノリで楽しい時間を過ごしました。
・・・ただ、周りはあまりノリノリではなかったので浮いていたかも・・・。爆。
coldsweats01
途中、メンバー4人がステージを降りて通路を歩いてホールの真ん中に作られたステージ(恥ずかしの間)へ来た時はすごい盛り上がった。こんな演出も良いですね。

01 三ツ星カルテット
02 宇宙飛行士の手紙
03 HAPPY
04 ゼロ
05 ギルド
06 66号線
07 smile
08 グッドラック
(恥ずかしの間へ移動)
09 R.I.P.
10 ホリデイ
11 fire sign
(メインステージへ)
12 星の鳥
13 メーデー
14 angel fall
15 supernova
16 beautiful glider
17 カルマ
18 天体観測

アンコール
01 スノースマイル
02 バトルクライ
03 ガラスのブルース

最新の曲を中心に歌った後、最後は「天体観測」!
ココで来るかって感じでした。
アンコールもスノースマイルから!
これは周りもビックリ。
そして、最後は「ガラスのブルース」!
もう!ノリノリのまま終了!
あっという間の3時間。

Img_20120506_210901

終了後、途中で撮った会場の映像がステージに映し出されるとみんな携帯で撮ってましたねぇ。
カメラ持ち込み禁止なのに・・・笑。
といいつつ自分も撮ってしまったけど。coldsweats01
(かなりピンぼけですが)
その後、再びグッズを買いに行きました。
タオルは無かったのでリストバンドを買うぞ!と勢い込んでいたのですが、かみさんも買いたいというので先に並ばせてかみさんの買い物が終わり、自分の番になったところで・・・・・
「リストバンドが売り切れました!」
のアナウンス。crying
有り得なさすぎ!

Img_20120507_225427

結局、キャップ、キーホルダー、東日本大震災チャリティーバンドを購入。
キャップだけでも買えたので良しとしようか。

行って良かった!
かみさんに感謝です。
でも、少しずつ筋肉痛が・・・明日がピークかな? 爆。

・・・さて、次はまた4年後なのだろうか? 苦笑。


えっと、帰りにアルビサポとたくさんすれ違いましたが、試合結果がどうだったとかは後の楽しみにして聞く事はしませんでした。・・・えぇ、しませんでしたとも。
たぶん聞かれたくなかっただろうなぁ。苦笑。

2012/05/05

夕食に回鍋肉っぽい物と、卵スープを作ってみた。

今日は、かみさんも母親も帰りが遅いので、夕食に回鍋肉っぽいものと、卵スープを作ってみた。 一応、クックパッドで回鍋肉のレシピは見てみたのだけど。

回鍋肉(っぽいもの)
【材料】
・豚肉切り落とし・キャベツ・ピーマン・もやし・おろし生姜
・サラダ油・片栗粉・醤油・日本酒・味噌・みりん・塩

1:豚肉を一口大に切り、日本酒、醤油で15分位つけ込む。
2:ピーマンを細切りにし、キャベツを食べやすい大きさに手でちぎる。
3:味噌、日本酒、みりん、醤油を混ぜて味噌を溶く。
4:フライパンにサラダ油をひいておろし生姜を入れ、豚肉を炒める。
5:肉に火が通ったらキャベツ、もやしを入れる。
6:野菜に火が通ったら調味料を入れて混ぜる。
7:塩で軽く味を調整する。(無くても良い)
8:火から下ろして盛りつける。

卵スープ
【材料】
・卵・椎茸・人参・エノキ・塩・胡椒・固形スープ・片栗粉

1:椎茸、人参を細切りにする。エノキは適度に切りばらす。
2:鍋に水を入れ、椎茸を入れて火にかける。
3:沸騰したら人参を入れる。
4:人参が柔らかくなったらエノキを入れる。
5:固形スープを入れて溶かし、塩、胡椒で味付けをする。
6:水溶き片栗粉を入れてとろみを付ける。
7:溶き卵を少しずつ入れる。
8:火から下ろしてお椀によそう。

夕飯は、これにご飯と冷や奴を付けました。
回鍋肉を炒めた時に出るツユをご飯にかけると最高に美味しいです!
happy02

昼飯は、一品作っただけでも様になるので良く作るのですが、夕飯は2,3品作らなければ様にならないので面倒ですね。
いつもは何かしらある作り置きのおかずがなかったので2品目は冷や奴にしてしまった。coldsweats01
まぁ、それなりにできたから良いか。
こんな事を毎日やっている親やかみさんに感謝ですね。


2012/05/01

朱鷺に母子手帳を与えるらしいけど・・・疑問?

朱鷺に子供が生まれた。

それは、とても良い事だと思う。
だけど、母子手帳を発行するそうだ!

母子手帳だよ!
朱鷺を自然に放して野生化しようとしているんだから、
そんな事しなければ良いのに。

以前流行った、アザラシに名前を付けたり、住民票を発行したりと一緒だな。
一見ほほえましいように見えるけど、
野生化する目的と反する動きに見えてしまう。

だって、野生の鳩に子供ができたら母子手帳を与えますか?
カラスに子供ができたら母子手帳を与えますか?
新種の蛙を見つけたら住民票を与えますか?

「野生化」を目指すのであれば、そっとしておくのが本筋だと思う。
それは、カラスにやられるかもしれない。
自然の猛威にやられるのかもしれない。
佐渡を離れて本州へ行くのかもしれない。

それを、そっと見守る位で良いのだと思う。
それが、自然の成り行きなのだから。

人間がやるべき事は、朱鷺が飛び交っていたかつての佐渡島を少しでも取り戻し、朱鷺にそっぽを向かれないようにする事だと思う。
決して、朱鷺だけが住みやすくする事。朱鷺を人間らしく扱う事。
そして、朱鷺をアイドル化する事では無い!


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

赤い羽 熊本地震募金

無料ブログはココログ