« 「無情素描」という3.11のドキュメンタリー映画を見てきた。生々しい映像がグサッと突き刺さってきた感じです。 #震災 #映画 | トップページ | iGAMMAの計測値。新潟市南区 0.04μSV/h 9:50頃 »

2011/10/01

『探偵はBARにいる』が思った以上におもしろかった件

一言で言えば、松田龍平がかっこいい! こう言うの、結構好きだな。 『アヒルと鴨のコインロッカー』で結構良かったけど、それ以上だな。

大泉洋は、どう転んでも、大泉洋そのものだった。
悪かったわけでは無いけれど、イメージ通りの役だった。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

まぁ、役柄がぴったりとも言うのもあるのだけど。
TVで見ている大泉洋そのままだもの。

で、一番すごかったのが高嶋政伸!
エンディングロールで名前を見るまで気づかなかった。
と、いうか名前を見てもどこにいるのか分からなかった。
メークとかそういうのもあるけど、やっぱり「役者」なんだなと思った。

この映画で見るべき所は、松田龍平と、高嶋政伸。
もう、これしか無いな。
∑(゚∇゚|||)

主人公は、大泉洋なんだけど。
(;;;´Д`)ゝ

小雪は・・・・まぁ、小雪だ。
西田敏行も・・・西田敏行だ。
以下、同文。

「無情素描」を見るための駐車場代、5時間サービス券を貰うためにちょうど良い時間であったから見たのだけど、思った以上におもしろかった。
・・・もちろん、駐車場代より高い映画代ですが。苦笑。

この、小説もおもしろそうだから、今度読んでみようかな。

« 「無情素描」という3.11のドキュメンタリー映画を見てきた。生々しい映像がグサッと突き刺さってきた感じです。 #震災 #映画 | トップページ | iGAMMAの計測値。新潟市南区 0.04μSV/h 9:50頃 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵はBARにいる』が思った以上におもしろかった件:

« 「無情素描」という3.11のドキュメンタリー映画を見てきた。生々しい映像がグサッと突き刺さってきた感じです。 #震災 #映画 | トップページ | iGAMMAの計測値。新潟市南区 0.04μSV/h 9:50頃 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ