« TLでも参加も連投規制でTWできなくなってしまったよ。凸(`、´X)  #原発とめろ | トップページ | 京都の五山の送り火に高田松原の松の使用する計画が再び断念となった。 #rikuzentakata #kyoto »

2011/08/12

震災から5ヶ月目にして思うこと。感じること。

陸前高田市。 「りくぜんたかたし」、と言うのだということをこの震災で初めて知りました。 たぶん、聞いたことはあるのでしょうが、「たかだ」と無意識に読んでいた気がする。

そこは、学生時代の友人の住む街。
2度訪れた街。
その友人のセッティングで子供を連れて仲間達のキャンプへ行った時。
そして、彼の結婚式の時。

キャンプでウニやホタテ、ホヤをたらふく食べた思い出や。
結婚式の2次会、3次会で飲み過ぎて、フラフラになって翌日どうにか帰ってきたとか。
いろんな想い出のある場所です。 苦笑。

そして、3.11 が起きた。
あれからもう5ヶ月。
それは、「もう」なのか「やっと」なのか「まだ」なのか・・・捉え方は人それぞれだと思う。
でも5ヶ月が過ぎても公的な動きで進展があまりにも少なすぎる気がする。
民間は、それも個人、個人がものすごく動いているのに。

ボランティアと、ボランティアを支える人々。
義援金を集める様々な努力と方法。
義援金を送る人々。
後方から物資を支援し続ける人々。

個々がこれだけの事を的確に、いとも簡単に(実際は簡単ではないでしょうが、国と比較するとこう見える)やり遂げている。
国は何をやっているのだろう?総理大臣を降ろすとか降ろさないとか。
いま問題にすべきことはそんな事じゃない。
被災した人を救うことなのだ!
被災した地域を復興させることなのだ!
何も考える必要がないくらい明確な目標があるのに。
何故それができないのだろう?

陸前高田を思う人達が、陸前高田のために作り上げた映像があります。

明日の希望 陸前高田市サポートチーム

それぞれの、陸前高田を思う気持ちがヒシヒシと伝わってきます。
こういうメッセージを被災地に対して何故国が発信できないのでしょうか?
もしも、国会議員の方が(いないと思うけど)これを見ていたらぜひ感じてください。
この映像を作り上げた人達の思いというものを。ぜひ。

« TLでも参加も連投規制でTWできなくなってしまったよ。凸(`、´X)  #原発とめろ | トップページ | 京都の五山の送り火に高田松原の松の使用する計画が再び断念となった。 #rikuzentakata #kyoto »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12891/52458003

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から5ヶ月目にして思うこと。感じること。:

« TLでも参加も連投規制でTWできなくなってしまったよ。凸(`、´X)  #原発とめろ | トップページ | 京都の五山の送り火に高田松原の松の使用する計画が再び断念となった。 #rikuzentakata #kyoto »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

赤い羽 熊本地震募金

無料ブログはココログ