« 「原発の問題が解決しても、土壌が復旧しなければ我々は戻って来れない」 これは、深刻な問題です。 #jishin #iitate #fukushima #genpatu | トップページ | 福島には「風越峠」というきれいな名前の峠があります。 No more Reactors Accidents! #jishin #fukushima »

2011/04/16

飯舘村は、川俣町への避難を計画しています。 #jishin #fukushima #iitate

飯舘村の避難説明会の映像が終了しました。
計画避難飯舘村としては、川俣町への避難を決めたそうです。
理由としては、
・相馬市等へ通勤している人への配慮
・飯舘村が見える(近い)場所で子供たちを育てたい。
等があげられていました。

確かに突然県外へと言われても困るわけで。
(南相馬市等はすでに県外へ集団で避難もしていますが)
職場が稼働しているのに自分が逃げる訳にもいかず、だいたい生活もできなくなるわけですからね。
とは言え、川俣町の一部も計画避難対象になっているのも事実。
「原発」の不安からは逃れられない。

村長も、職員も、経済産業省の担当者も、大変だけど一生懸命答えていたと思います。
今日ニュースで見た液状化現象が起きた栃木県栗橋市の説明会と比べると雲泥の差です。
(答えられない市長はいらないだろう)

しかし、繰り返すようですが、何故テレビ局はこれを放送しない?
必要な事だろう。
「報道」とういう名の下で動いている組織ならばそれくらいやれよ!
一個人がきちんと全てを流しているというのに。

お涙ちょうだい話を集めてる場合じゃないんだぞ!

« 「原発の問題が解決しても、土壌が復旧しなければ我々は戻って来れない」 これは、深刻な問題です。 #jishin #iitate #fukushima #genpatu | トップページ | 福島には「風越峠」というきれいな名前の峠があります。 No more Reactors Accidents! #jishin #fukushima »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12891/51405957

この記事へのトラックバック一覧です: 飯舘村は、川俣町への避難を計画しています。 #jishin #fukushima #iitate:

« 「原発の問題が解決しても、土壌が復旧しなければ我々は戻って来れない」 これは、深刻な問題です。 #jishin #iitate #fukushima #genpatu | トップページ | 福島には「風越峠」というきれいな名前の峠があります。 No more Reactors Accidents! #jishin #fukushima »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

赤い羽 熊本地震募金

無料ブログはココログ