« 衝動買い | トップページ | ふと、気付いたら »

2011/01/07

CPU換装 リベンジ

昨年、CPUの換装に失敗した会社のPCですが、
Pentium4 6** シリーズが使えそうなことがわかりました。
(PCの上位機種で使っていた)

早速、Pentium4 650 (3.4GHz)をオークションで落とし、
CeleronD 331 (2.66GHz) と交換。

今回は動きました!
しかも速い!(当たり前)

Bencherというベンチマーク計測ソフトで測ったら数値だけ
なら元々の CeleronD 331 の約2倍の速度!

Hyper-Threading (擬似的に2コアに見せかける仕組み)
対応のCPU なので「これは!」と思い、こっちも試してみました。
ベンチマークの結果は、約1.2倍の速度に。 
全然速くなりませんでした。

調べてみたらやはり1コアの CPU を擬似的に2コアに見せて
いるので負荷がかかるらしい。
例えれば右手に重い荷物を持って歩いているところにもう一つ
荷物を追加する時、
同じ人が左手に追加の荷物を持つのが Hyper-Threading
別のもう一人が持つのが2コア。
のようなものだから Hyper-Threading に無理があるのが
なんとなくわかった。

結局、Hyper-Threading は disable にして使用することにしました。

« 衝動買い | トップページ | ふと、気付いたら »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CPU換装 リベンジ:

« 衝動買い | トップページ | ふと、気付いたら »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ